新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経産省が購入時の補助金を検討している、というだけ。
その前に「超小型電気自動車(EV)」という規格が定まってない。

写真のトヨタ車体のコムスは現時点では1人乗りミニカーとして認可されてます。以前マリカーで揉めたやつ。

ミニカーとは道路交通法上で「原動機付き自転車(4輪)」の扱い。
ざっくり言えば原チャリだけど4輪なんでヘルメットや二段階右折不要になる規格です。
当然ながら1人乗りで積載量30kg未満。

経産省としてはこのミニカーに補助金を出したい訳ではなく、新たな規格(超小型車)に対して出したい。2人乗り、積載量も軽自動車と同等まで。

とはいえ、この超小型車規格は2012年から検討されていますが、未だにまとまりません。
この未決定な規格に対しての補助金の話である事を理解しておくべき。


もう一つ、元々軽自動車が高度に発達してる日本でこの超小型車の需要がどこまであるかが未知数です。
コムスも累計販売台数は7000台。登場は2012年ですから、年間1000台。しかも大多数はセブンイレブン配達向け。
個人には売れてません。
別に今でも買えるんですよ。

そもそも日本に軽自動車ではない超小型モビリティが売れる土壌があるのか。
トヨタiQもあれだけ持ち上げられたのに失敗。

そこからキチンと考えないと。
高々10万円の補助金じゃ絵に描いた餅にしかなりません。

補助金あってもコムス買うならアルト新古車でも買ってきた方がいいもの。
エアコンもドアも助手席後席も付いて高速道路乗れるし速い。

普通の方ならそう考えませんか?
移動手段の多様化は歓迎すべきだ。最大10万円の補助金では効果は疑問だが。

しかし、交通システム全体のなかでの位置付けをはっきりさせ、システムインフラの整備と同時進行させなければ、システム自体への障害となりかねない。

たとえば、駐車場、走行区分(歩道可?)、事故責任(自転車と同じ管理者責任問題がある)。

条件整備と市場適合性の確認を怠り、取り敢えず市場に出してから対策を考えるというような(経産省の?)政策は、もの作りの思想に反する。自動車は人命に関わるので、人体実験になってしまう。
1人乗りEVのモニターに参加して一ヶ月体験したんですが、問題は駐車スペースと充電場所。それが確保されないと、タダでも普及は難しいと感じました。
この手の補助金は、諸刃の剣だと思います。

個々に開発するよりも、共通のプラットフォームを開発して、それをカスタマイズする方向でないと開発費を効率的に活用できません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません