新着Pick
160Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
関税撤廃は米中間で合意したと主張する中国。合意していないと言う米国。その食い違いから両者の交渉戦略が見えてくる。ストックホルムで「米朝実務者協議は決裂した」と述べた北朝鮮と「良い話し合いだった」と言う米国の話を思い出した。
関税の完全な撤廃はないと思う。しかし、25%、30%の高関税もないだろう。
選挙の年に入り、中国への高関税を撤廃することは、貿易戦争の失敗に等しい。
しかし、高関税はアメリカ経済への影響などこれも軽視できない。
戦争を仕掛けたが、これほど自国に損害を与えるか、トランプさんは初めて分かったと思う。
トランプ大統領だけでなく、ナバロ米大統領補佐官も中国政府が表明した内容について「現時点で合意はない」とテレビで反論したようなので、やはり本当なんでしょう。
アメリカ側からも合意が近づいていることを匂わせる話しが漏れているのは、では中国の策略ですか?
https://newspicks.com/news/4368659/?invoker=np_urlshare_uid349101&utm_medium=urlshare&utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare

今回は、情報撹乱作戦が流行っているのでしょうか?
関税の順次撤廃は、木曜日にBloombergが最初に報道した。一方でそれに対してホワイトハウス内部でも反対があるということも報じられていた。
これが報道も用いた相互の思惑の対立なのか、それとも一定合意があったなかでトランプ大統領の考えが変わったりしたのか。
いずれにしても、マーケットが期待しているほどにそんなに簡単に進むものでもないように思うのだが、金融市場はマイナスのことに対して最近不感症。
最初に発言していた「すぐ終わる簡単な交渉」は何処に行ったんだろう…
発動済み制裁関税の撤廃に合意したと主張する中国に反して、トランプ大統領は「合意していない」と述べたとのこと。
中国の主張と隔たりがあるようです。認識の違いなのかそれとも...