新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドの自動車販売の落ち込みは、中国以上に深刻です。ただ、需要環境が悪化したわけでなく、金融機関の貸し渋りが主因なので、いずれ販売台数は持ち直していくと思います。
下記はマークラインズのインド市場のデータ。
これから計算すると、10月までの生産台数は前年比-15%ほど。単月では10月はYoY+2.5%にまで戻したが、4~9月が前年比2~3割減で厳しかった(通常は月14万台前後が10~11マンダイ前後にまで落ち込み)。
ただマーケット自体が大きく落ち込んでいて、シェアは5割前後で毎月推移。
2018年暦年は年間で175万台生産して、これまでの生産能力200万台だと稼働率は9割弱。25万台増えると稼働率が8割弱になる。需要を見ながら在庫調整と稼働タイミングを調整しているが、長期的に市場が伸びていかないと重しにはなっていく。
とはいえ、インドの国内市場は現在350万台ほど。中国が2000万台以上であることを考えると、中長期の成長可能性含めると依然魅力的。
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_india_2019
インドの新車販売市場の低迷が続いているようです。
本日はムーディーズがインドの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたとも報じられています。
【インド格付け見通し、ネガティブに引き下げ=ムーディーズ】
https://newspicks.com/news/4365988

期待されていたインド経済の減速、影響は小さくなさそうです。