新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
立ち位置的には、バイデン陣営へのインパクトが一番大きそうな感じがします。ウォーレン氏、サンダース氏らに引っ張られるようにして全体的に左よりになりつつある候補者争いの構図自体が変わるかどうかはまだ見通せないですね。
何とかアラバマ州予備選の立候補期限には合わせた形。今度の討論会の選考基準は満たさないと思います。遅すぎるかどうか何とも言えないところ。
3月に一旦出馬を取りやめた(①)が、再度検討。取りやめた際の理由は民主党の指名を受けるのが難しそうだから(富裕層嫌い)という点で、それはスタバのシュルツ氏のときにも出てきた点。今回どうなるだろうか?
ブルームバーグ氏自身は2016年の大統領選も「反トランプ」が考えの主軸にあって、そこで票割れを避けるために辞退した。
辞退する前には、もし出馬する際には会社売却と報じられており(②)、そこも個人的には気になる。
ちなみにアラバマ州は共和党が優位な州(こちらはあくまで予備選なので、共和党と戦うわけではないが)。
https://newspicks.com/news/3723138
https://newspicks.com/news/3512374
なんかおじいちゃんばっかりだなー。オバマが颯爽と登場した時のあのインパクトと熱狂を感じられない。。。

にしても、2008のオバマ旋風はほんとに凄かった。渡米3年目だったんだけど、オバマの演説聞いてアメリカは本当に凄いと心から思った。この国には希望があると思った。

その分、2016の幻滅は酷かったけど。。。もし2016が渡米3年目だったらこの国に残りたいとは思わなかったかも。
トランプ大統領に対する嫌気から民主党に鞍替えを考えている、共和党派にとって、ブルームバーグは魅力的な候補者かもしれない。サンダースやウォーレンはリベラル色が強すぎ、仮に民主党の指名争いで生き抜いたとしても、本戦では苦戦が予想される。その点、ブルームバーグは中道派として支持を集めやすいという利点は考えられる。ちなみに再来週に、ブルームバーグは来日予定のはずだが、立候補を正式表明すれば、日本行きはキャンセルかなぁ。
今回の大統領選挙で民主党がすべき最優先課題は、党内政治力のパワーゲームはそこそこで終わらせて、支持者間にき裂が入る前に、候補者を絞ることです。

ですから、闊達な前向きな討論会を期待したいですね。
なぜアラバマからの出馬なのか気になりますが、これは大きなニュース
若い方を。。。ただ民主党は本気度低いのかもです、今回は
一度は大統領選を諦めたブルームバーグ前NY市長が再び大統領選への出馬を検討とのニュース。