新着Pick

16歳男子高校生が「種」を売る何とも壮大な理由

東洋経済オンライン
15歳という若さで種苗会社を始めた高校生がいる。東京在住の小林宙(そら)氏、現在16歳の高校2年生だ。会社の名前は「鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション」。伝統野菜を主とする種と苗と、農薬・化学肥料不…
350Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学校の勉強マジメにやることよりも、こういう興味あることに自由に取り組むことを応援したいですねー。
面白い!
すごい!
以前テレビでまさに在来作物の種を守るご苦労を拝見したので、小林さんのお仕事で救われる種がたくさんあるのだろうと嬉しくなりました。

農家さんの現象や、スーパーに並べるには大きすぎるなど様々な理由で在来作物の種が守られずなくなってしまうケースは珍しくないと思います。

「利益より種を流通させることが大事」
小林さんのお仕事に今後もいろんな人の協力が集まっていくといいなと思いました。
ビジネスとしてのコメントをすべきなのでしょうが、ここまで小林くんの探究心を認めた親御さんすごい.....
なんともタフガイだ!