新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソニー損保やアクサ、チューリッヒなどダイレクト系の保険会社が膨大な広告宣伝投資を行い、伝統的な日系保険会社はグラウンドのセールスフォースをこれまた膨大に投入している市場なので、そう簡単には認知の壁をこじ開けられなさそう。
そもそもがスポット型の保険メインであれば、相応の保険料収入を期待するのは難しいですから、これを苦戦と評価すべきなのかどうか。
損保としてみれば、販売チャネルの多様化の一環に過ぎませんし。

Lineにとっての戦略的重要性は、短期的な収入額ではなく、多彩なプロダクトの供給者としての地位を確立して、金融機関をはじめ多くの企業をバックヤードとして扱うくらいのプラットフォームになることでしょう。
この記事だけをみると、各保険会社が宣伝費を召し上げられてしまった、とも読めますね・・・。もちろん長期的な関係を築くには、マーケティングの成果がないとダメなのですが。
保険は共済が良いと思いますけどね。
私は元同僚の付き合いでオリックス生命の1番安い医療保険だけ入ってますが。(+先進医療特約2,000万円)

あとは火災保険+地震保険。
使い方によっては保険で焼け太りしますので(笑)

自動車を持ってれば自動車保険ですが、カーシェアを使えば必要ないですし。

iPhoneにはAppleCareを付けてますが、これはメルカリ等で売却するときに、保険付きの状態で高く売るため。

業績