新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
極端に進んだ金融緩和の出口に辿り着けないまま再び緩和方向に踏み切りつつも、緩和に舵を切ったとは明言できない難しい状況下での証言です。昨年は景気過熱を抑える出口政策、あるいは予防的な金融引き締めを意識した発言が目立ちましたが、今回は予防的な利下げが行われる環境下での証言です。雇用と消費が堅調で株価が高値をつける傍ら、トランプ大統領が露骨な金融緩和圧力を掛ける中、どんな議会証言になるのやら・・・ (@_@。ウーン
FRBのパウエル議長は、「14日午前10時(日本時間15日午前0時)から下院予算委員会で経済に関して証言を行う」とのこと。、