新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Adobeの今年の「SNEAKS」、「Powered by Adobe Sensei」と銘打ったプロジェクトで、AIを使った新技術が続々と紹介されました。

中でも、記事に紹介した「ディープフェイク」を見破る手段になりうる#AboutFaceは興味深いプロジェクトでした。2016年の全米大統領選挙では、フェイクニュースが大問題となりましたが、来年2020年の大統領選挙では、フェイクビデオが問題になると言われています。

編集や加工の技術を追求するAdobeが、その技術の悪用をどう取り締まるのか、ニューヨークタイムズとツイッターとのイニシアチブも注目です。

現在、どのような形でいつ運用されるのか、詳細は明かされていませんが、今後数カ月の間に、イニシアチブに参加する新たな企業も明らかになると見られています。
「加工」のような作業のコモディティ化が進むという流れ。
「AIによって、これまで人がやってきたものすごい仕事を圧縮できたと言うべきでしょう。AIと創造性のある人たちが競合するとは思いません」

ニューヨークタイムズとツイッターとともに発表したイニシアチブについて。
「Adobe、デジタルコンテンツの真正性を保証する取り組みを発表」
https://japanese.engadget.com/2019/11/05/adobe/
アドビの製品群は常に進化していますね。インターンを活用しているというのはおもしろい。若い人たちの柔軟な発想を取り込み製品化する。

制作には「150人以上の博士課程の学生にインターンとして研究所に入ってもらい、3カ月間、研究員とプロジェクトを組んでもらう」という。

そういうパワーを活用しながらも、油絵のようなタッチで描ける「Fresco」の商品化には8年をかけています。忍耐のいるプロセスです。努力の積み重ねが、製品を輝かせています。競合は真似できない。
加工とフェイクの境界線が難しいですよね。

いずれにしても、この分野でのAdobeは、セキュリティ分野でのAppleと同様に、ジェダイであり続けて欲しいです。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。

業績