新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカだと、カード決済だとPCI DSSに準拠したオペレーションをバックアップしているAWSやazure(マイクロソフト)を使っている企業が多いようですが、銀行はどうなんでしょう?
アメリカの場合、バンカメクラスのメガバンクと、地方だけの銀行ではスケール感が全く違うので、おそらくバンカメは、銀行システムで懇意にしているIBMとこのような形でPreFixすることで、コスト削減が図られるのだと推測できます。

追記
Banking Systemはアメリカは日本と本質的に異なっていて、基本的にパッケージです。チェンさんがリリースをアップしていたのでざっと読みましたが、このクラウトプラットフォームは、想定しているキャパがあって、Bank of Americaの次に入ってくる企業群のキャパが読めるのだと思います。また、クラウド環境自体もかなりパッケージ化されているようですね。

includes more than 190 API driven, cloud native PaaS services to create new and enhanced cloud-native apps.

となると、汎用性がある部分のコストはBank of Americaは将来想定しうるIBMのクライアントが入る前提でIBMはコスト算出しているものと思われます。この辺りの海外のプロバイダーの発想は、日本のSIerとはかなり違っています。
銀行業務のどの領域についての話なのか、元リリースを見てもピンときませんでした。ユーザはどれくらいコストダウンを見込めるのか知りたいです。
どのくらいのスケールを見ているのでしょうか、
その(スケール稼働の)リスクはIBMがとっているのでしょうか・・・
IBMはバンカメと提携し、金融に特化したクラウド技術を構築したとのこと。
需要ありそうです。
「IBMが特定の業界向けにクラウドプラットフォームを立ち上げるのは初めて」とも。
時価総額
43.9 兆円

業績

IBM(アイビーエム、正式名: International Business Machines Corporation)は、アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業である。本社はニューヨーク州アーモンク、世界170か国以上で事業を展開する典型的な多国籍企業でありテクノロジー企業。愛称はビッグブルー。 ウィキペディア
時価総額
13.5 兆円

業績