新着Pick

キヤノン、ミラーレス不振で3度目修正の深刻度

東洋経済オンライン
「結局、また下方修正だったね」キヤノンが10月28日に開催した投資家やアナリスト向けの説明会の参加者からはあきらめに近い感想が漏れた。キヤノンは同日、2019年12月期(米国会計基準)の業績について、売上高は…
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンデジはソニーのRX, ミラーレスはソニーのαと一部YouTuber向けのLUMIX, アウトドア派向けのオリンパス、そして一眼スチールはニコン。市場が縮むなか、なかなか競争が厳しいですね。

一時、一眼動画派は軒並みキャノンでしたが、もともと動画に強いソニーとパナソニックに持っていかれた印象です。店頭見てても最近は欲しいのないですね。
フルサイズミラーレスに関しては性能も去ることながら、SONYが先行で市場を抑えてしまったのがあるでしょうね。

元々ボディもレンズも高価なフルサイズミラーレスはハイアマチュア向けで市場キャパもさほど大きくない。
インスタをキレイに、なんてユーザーの殆どはこんなのスルーでしょ。

フルサイズを求めるユーザーはコンパクトさよりも高ISO耐性、画質とAF食い付き。ここでSONYは全面的にカバーできるラインナップを構成済みなんですから。後から参入して勝ち目があると思う方がズレてる。
いくらフランジバック詰めても、フルサイズはそんなにコンパクトにはならないのですし。

じゃぁどうすればいいのか。
CanonやNikonはミラーレスに違う価値を見出さないとダメでしょうね。フルサイズにこだわるべきじゃない。

このままじゃジリ貧とは言え、一眼レフ用レンズの資産は沢山あるのですから、フルサイズはソコ向けしか無いんじゃないですかね。レンズ資産を武器にしない限り勝ち目ないですよ。

そう思います。
これでもまだ居座る御手洗
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.04 兆円

業績