新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
筆者の指摘通り、労働党が選挙を制して二回目の国民投票を行うという確率はかなり低い。保守党が過半数を制することができれば離脱を実行できるが、まだハングパーラメントとなる可能性もかなり残っている。指摘されているように多くのイギリス国民が離脱・残留議論にうんざりしているのも確かなので、意外とすんなり保守党に国の命運を委ねようとするかもしれない。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン