新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は香港デモへの対応で、チャイナセブンの1人である韓正副首相を充ててきた。早期に解決しないと、名前と経歴に傷がつくため、これまでより次元の違う対応となる可能性がある。米中合意が後連れすると、先に香港問題が荒れてしまい、米中暫定合意は幻になるかもしれないなー
ちなみに、株式・為替など金融市場は動いていない。これまで合意を期待する形で上がってきたわけで、ずれ込むことは不合意を意味するわけではないものの一般的にはネガティブではあるが…
チリでの会談は出来なくなり、次の場所を探すのはたいへんのようだ。
通商の合意署名は今のところ中米ともに急いでいないのも、ずれ込む原因となっている。
互いに忙しいので、簡単に面談できないようだ。
「段階的な関税撤回合意」という報道も一部ではありますが「スモールディール」もなかなか時間がかかるのかとは思います。
条件を詰めていく中で、多少の押し問答が発生するのは当たり前だと思いますが、開催地がそこまで重要な理由がわかりません…ロンドンでも、ギリシャでもいいと思うのですが…

アイオワ州まで習近平首席を来させようとは。
単なる選挙パフォーマンスじゃないですか…
こういうところが、トランプ大統領が好きになれないところです。
楽観的な市場が崩れるリスクもあります。
これを受けて株式市場はどう動くのだろう?
米中協議の成立期待による株高だったようなので気になるところ。