新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタジオ開設って、具体的には何をするんだろう??ISSとの常時双方向通信は、NASAのTRDSSという衛星ネットワークで提供されています。静止軌道に設置された複数の中継衛星を介し、ISSがどこにいても筑波やヒューストンと更新できるようになっています。これによりISSではインターネットも利用できます。宇宙飛行士が太平洋上からもツイートできるのはこのためです。以前はJAXAも中継衛星をもっていましたが、退役したので現在はNASAのTRDSSに頼っています。

さて、「スタジオ開設」とはいったい何をするのでしょう?日本独自の中継衛星ネットワークを民間で作るというなら凄いですが、そういうわけではなさそうです、1000億円はかかるので。宇宙からの生放送もアポロの時代から普通に行われています。AR, VRとバズワードを並べると最先端のように聞こえますが、地上の番組でも普通に使われていますね。結局、ISSにスカパーのテレビカメラを一台持って行って看板を掲げる、ということでしかない気がする。間違っていたらごめんなさい。

まあ、だからぶっちゃけ目新しさも宇宙開発への技術的貢献もほぼゼロかもしれませんが、こうして宇宙の利用の裾野が広がることはいいことです。しかしこれをやることで日本の宇宙インフラが拡充したり、技術の獲得につながったりするか?もしアメリカの通信網の上にのるだけなら、そうではなさそうですね。

でも、もしこれにより、子供たちを心からワクワクさせるような良質な番組が出てくるなら、そしてその中から将来宇宙をやりたいと夢見る子供が出てくるなら、それは非常に価値があることだと思います。結局、大事なのはコンテンツです。看板や芸能人の出演料じゃなく、中身にしっかりお金をかけてほしい。カールセーガンの「コスモス」のように、誠実で良質でエキサイティングな科学番組を作って欲しい。それが僕の願いです。

【追記】ちなみにこれがスカパーで配信されたら、宇宙で撮られた映像がTRDSSを介して地上局へ行きそこからまたスカパー衛星を介して家庭に届くので、情報が地球と宇宙を一往復半するのですね!

追記2、TRDSSのような宇宙通信インフラは10年くらいのスケールでかなりでかいビジネスになると思うのですが、そこに数千億円突っ込む日本企業はないですかね。WeWorkに1兆円出せるんだし、、、
はっきり言って、莫大な予算を食うJAXAの宇宙ステーション活動が一般人に見えていないのだと思う。
宇宙ステーション運用に年間100億円以上.はやぶさ2は数億円.
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/059/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2018/02/06/1400870_1.pdf
今は未知なことにワクワクする機会が減ってきていると思います。解明されてしまったことが多いからです。
しかし、宇宙は違います。人間はわからないことにワクワクするので宇宙からの番組は楽しみです。
ワクワクする新事業ですね。宇宙を近く感じることができる映像が配信されるのが楽しみです
株式会社スカパーJSATホールディングス(スカパージェイサットホールディングス、英語: SKY Perfect JSAT Holdings Inc.)は、放送・通信企業の集合体「スカパーJSATグループ」を統括する持株会社(純粋持株会社)。伊藤忠商事、および同社とフジ・メディア・ホールディングスが出資する伊藤忠・フジ・パートナーズの持分法適用関連会社である。 ウィキペディア
時価総額
1,381 億円

業績