新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業上の重要度より、政治的な重要度のほうが高いニュースだと思う。
事業上の重要度という点では、SMICはプロセス開発で後れを取っている。ArF液浸領域でも14nmにいくか行かないか位だと思う。10nmにいくのも大変でIntelが戸惑ってようやくシフトできたところで、GFやUMCは断念(下記)。
そのなかで資金もノウハウも顧客も必要な新しいノードに移行するのは事業上は実質的にほぼ現実的では内容に思う。
https://newspicks.com/news/4347689

ただ、政治上の意味はある。米国を刺激しなかったプラスと、中国を刺激したマイナス、どちらが長期で大きく出てくるか。
いろいろ憶測呼んであるようですが、これは輸出管理上の問題。
ワセナーアレンジメントでEUV露光装置は規制対象になっている。
問題は相手先の中国のSMIC。
人民解放軍との関係など慎重審査が必要なのでしょう。
軍民融合が叫ばれている中、慎重になるのは当然でしょう。
日本の半導体製造装置関連も他人事ではありません。
最先端のEUV露光装置を唯一製造するオランダのASMLが、米国の対中政策を意識して中国に出荷することを控えているとの報道です。
米国がASMLを制止する有効策はあまりなさそうですが、強いて言えば、ASMLが中国に出荷した場合、他の出荷先であるサムスンやTSMCの製品を米国企業は買わない、という手がありますかね、非現実的ですが。
EUV露光装置だと代替が効かないと思うので、長期に渡ると先行企業との差を詰めるのが厳しくなりそう。ASMLの技術を盗んだ疑いがあるとのニュースもあり、これすらも内製化に向けて動いているだろうけど、実現の可否は置いといて、直ぐにとはいかないでしょうし。

『【コラム】ASMLが標的か、事実なら中国の本気度裏付け-ウェブ - Bloomberg -』
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-15/PPUAFG6KLVR401
知らなかった。SMIC"イタリア子会社の売却も決めた"
まだまだ広がる米中貿易摩擦の波紋