新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このnoteを書いた方が正しかったことは、イギリスでキャッシュレスを体験するに当たって、イギリスでチャレンジャーバンクのアカウントを開いて、現地発行のカードを手に入れたことです。
彼がパスポートステータスがどうなっていてアカウントを開設することが出来たのか?このnoteには書いていませんが(単なるvisitorでは不可能だったはず)、現地発行のカードを持ってイギリスのキャッシュレスを体験したことで、その経験値にバイアスがかなり少なかったものと思います。
イギリスでは、日本円で3000円くらいまではICチップカードであればサインレスが普通です。ロンドンオリンピックの時にvisaが力を入れたので、contactlessがかなり浸透しています。この利便性を実感するためには、現地発行のカードで、利用時にすぐにNoticeが来る仕組みを使うことで実感できます。日本のカードだと、このNoticeがあってもメールです。現地ではSMSで来ます。ですから、利用額をリアルに把握出来るというところがポイントになります。

Sugiuchiさんなども書いていますが、何故日本でQRコード決済乱立状態になってしまったのか?中国に行って現地で見つつ考えたのですが、思うに。アリペイやWe chat Payなどのアカウントを日本人が開設するところに裏技を必要としたので、そのノウハウがネットで色々氾濫して、かつ、現地でアカウントを持って使っている日本の一部Fintech企業が、「便利ですよ~」と無責任に煽ったにで、中国のQRコード決済に意味なくプレミアム感を付加してしまったのでしょうね・・・
あれは、visaやMastercardが手に入りにくく、NFCを普及させる末端までの経済力がない中国だからこそ可能だったQRコード決済だったと思います。
⇒銀行口座直結であるところから、事実上デビッドカードですから。
そこを、アカウントを作ること自体にプレミアム感を煽ってしまったので、特別なものだと勘違いした日本のFintech企業が多かったように感じます。

実際に、欧州では普通にブランドカードがあればストレスフリーでキャッシュレスが体験できます。特にロンドンが、地下鉄にブランドカードのContactlessで乗れるので、日本で発行されたContactless(Type A/B)で利用可能です。
キャッシュレス決済の分母と分子は何?家計支出総額が分母?
また、それらの数値はどのようにして測定したのか?
全くの推定?

送金決済や口座引き落としを含めると、私の場合、9割は現金を使用していない。その一方、カード決済でも、カードへのチャージを現金でしていれば、キャッシュレスではない。

なにやら、全体が怪しい議論のように思う。

厳しい家計では、キャッシュレスは危険。ことに、クレジットは苦しみを後回しにするので止めた方がよい。

実質賃金が下がり、国民の大半が貧困化している中、キャッシュレス礼賛は健全なのか?

また、キャッシュレス・システムの維持・運営のコストは誰が負担している?ただほど高いものはない!
〝政府主導で非接触型決済での公共交通手段の乗車を可能にする「オープンループ」が導入されたこともあり、急激に普及が進んだとのことでした。″
これ、日本でもやればいいのに。
ロンドン、シンガポール、パリに住んでいたことがありますが、だいぶ前から基本的にキャッシュレスです。ATMの台数も日本より圧倒的に少ないです。