新着Pick

セブン&アイ、再び「物言う株主」に狙われた理由

東洋経済オンライン
セブン&アイホールディングスが、アクティビスト(物言う株主)として知られる香港の投資ファンドから一定の株を買われ、要求を突きつけられていることが東洋経済の取材で分かった。この投資ファンドは、香港を拠…
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔からの論点、というか2005年にセブンアンドアイという形でセブンとヨーカ堂をくっつけたところまでさかのぼる議論ではある。
日本だと1%未満だと動かしにくいだろう(セブンは伊藤家がまだ筆頭株主だし)が、例えばMSのトップがナデラ氏に変わったのもValue Actという著名なアクティビストファンド(オリンパスにも投資し、最近は社外取締役にも就任)の働きかけが背景だったが、1%未満だった。
『オアシスの株の買い付けは1%未満とみられる。セブン&アイ内部からは「オアシスは、サード・ポイントほど株を買い付けておらず、どこまで本気なのか分からない」といった声も聞かれる。』
物言う株主とは「出光興産と昭和シェル石油の経営統合を促したり、アルプス電気によるアルパインの子会社化に反対した」オアシス・マネジメント・カンパニーだそう。
要求事項を見てみると、ちょっとびっくりするものもありますが総じてコンビニ事業を高く評価しているようです。
株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、英語: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。 ウィキペディア
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績

業績