新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5年ほど前のことですが、

北京郊外の高齢者タウン、というか巨大老人ホームタウン、に見学に行きました。
日本の老人ホームとは全然景色が違います。国有地払い下げの広大な土地。そこに整然と建つたくさんの低層住居。ケアスタッフを支えるITシステム。
驚きました。

私の母もそうでしたが、老人は自立できる状態から、家事ができなくなる、お風呂などが一人では無理、歩くのがしんどい、最後には寝たきり、というように遷移していきます。
その状況に従った施設を移動していくわけですが、日本では多くの場合その状況に合わせて新しい施設を探すなど、家族にとってはとてもしんどい対応をしなければなりません。

その北京の施設は広大な土地にそのケア度に従ったブロックが形成されていて、状況に合わせ移っていけばよいのです。更に「とはいえ重度な人が増えますよね」との私の懸念に「まだまだ土地が余っていますから、そこに新設していきます」と。そして、「ケアスタッフが足りなくなるでしょう?」との疑問にも「中西部の若い人たちの働き手が沢山いるので心配いらないと」

もちろん、とはいえ限度はあるでしょうが、そのような施設が沢山作れるならば、日本の状況に比しはるかに受け皿を作りやすいし、合理的にオペレーションできると思う。

その分マーケットは巨大ですね。

ちなみに、私が訪問した施設はかなり高額です。それでも入居希望者は何倍にもなる抽選で選ばれるのです。その後同様の施設がどのように拡大していったかは私は知りません。恐らくたくさんできたのでしょうね。
この記事で出てくる「高齢者タウン」ですが、ちょっと日本の大規模老人ホームとはイメージが異なっていて、いわゆるCCRC(Continuing Care Retirement Community)に近いものと考えています。

この中国版CCRC、中国では不動産デベロッパーが行政の補助金やファンドから資金を得て、たくさん建てているのですが、正直、実態は千差万別で、うまく稼働しているところはほんの一握りでしょう。
不動産デベロッパーが、「シニア市場の住まい」に腰を据えて長期的に取り組むのであれば、それなりにうまくいく。でも、彼らが高齢者タウンを建てる狙いが行政からの補助金獲得や地域の大規模開発権益による見返り、もしくは開発してどこかに転売することが目的であれば、どこかの養老(介護)事業者に丸投げします。

今は圧倒的に後者が多いので、うまくいかずに空き家になっているケースも多いようです。パナソニックといえど単独での進出は許可されないので、どこかの中国資本との合弁で進出するはず。
とはいえ中国の中小都市でCCRCをやること自体は、悪い選択肢だとは思わないので、うまく中国資本と行政をグリップして進めるしかない。良いモデルをぜひ作ってください。
今中国では高齢者住宅およびタウンが政府主導でかなり積極的に開発が進んでいます。

その中で、どのデベロッパーも自社商品を採用してもらうために必死。

ぜひ日本の住宅設備クオリティーは世界一に近いので、ぜひ進出していってもらいたい。
中国でも高齢化が着々と進んでいるので、高齢者向けマーケットは今後も拡大していくと思われます。

以前、ある企業の方に対し、超富裕層向け最高級老人ホームの可能性についてお話したことがあります。

中国でも親を老人ホームに入居されることは、「親の面倒を見るのを放棄した親不孝者」とみられる傾向にあります。

それを逆手にとって、「あのホームに親を入れるなんて、なんと親孝行なんだ」と思われるようなものが作れれば、超富裕層には必ず需要はあると思います。

お金はもっているけど、仕事が忙しく、親の面倒まで見れないという超富裕層がかなりいるのは間違いありませんし、今後さらに増えていくでしょう。

その後チェックしていないので、このようなホームの建設が進んでいるのかどうかは不明ですが、将来的には大きな可能性があると考えます。
つくづく、中国の人口のハンパなさを実感しました。

今現在で、60歳以上の人口が日本の総人口の2倍もいるとは…。

高齢者タウンが成功すれば、日本でも展開できそうですね。

いっそ、日本に大規模な高齢者タウンを建設し、世界各国でリタイアした人々を誘致するという(数年前に私がコメントした)リタイア、セミリタイア大国日本を目指すのも悪くないと思います。

それなりに資産を持った人々が集まれば、新たなビジネスチャンスもやってきます。

若い労働力ばかりを海外から誘致するのではなく、リタイアした資産持ちを誘致した方がプラス面が大きいと思うのですが…。
日本の高齢者事業は、介護保険などを当てにするので収益化が厳しい。
中国も公的補助が少ないので、一般の高齢者向けの事業はやはり儲からない。

日本の富裕層向けビジネスは、表に出ないようにやらなければいろんな批判を浴びる。ともかく公平さが求められるからだ。
しかし中国では、富裕層向けのビジネスは成り立つ。
お金を出せばそれに見合うサービスが得られるという資本主義の本質は、中国でなら成り立つ。

だから、日本の中流向け機器やサービスでも、中国では富裕層ビジネスに充分適用できるので、参入は理に叶う。
AI+IoT+住宅での中国進出。期待します。でも単体での展開は無理がありそう。どのような異業種連携を取られるのかな。
少子高齢化先進国の日本だからこそ、このような取り組みを強化し、かつリードしていきたいですね。
展示会に行っても、パナソニックは常にソリューションのある会社ですよね。市場を攻める感覚が良いなと思います
すばらしい取り組みですね。やってみなければわからないことが、この取り組みで、パナソニックさんだけにはわかることになります。

ただ、中国という特殊市場でやることが、少し気になります。やりやすいことはわかりますが、特殊解になってしまうと、他にスケールできませんので。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.54 兆円

業績