新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あくまで予測の数字ですが、消費増税前なのに年率+0.2~+1.3%とはあまりにも弱いでしょう。
何せ、前回消費増税直前の2014年1-3月期は年率+3.9%成長でしたから。
おそらく駆け込み需要なかりせば、マイナス成長だった可能性があるでしょう。
実際、2019年7-9月期の鉱工業生産は前期比マイナスでしたから。
ちなみに、10月の自動車販売は前年比▲25%、10月の百貨店販売額は同▲18%減っており、台風の影響もあるでしょうが、前回の消費増税直後よりも大きく落ち込んでます。
10-12月期もプラス成長になるか、気になるところですね。マイナスという予測がほとんどですが、政府のキャッシュレス還元政策は、それなりの効果があるようです。

キャッシュレスを推進するわたしは、プラス成長に賭けたい。
当然だが、10~12月には一定の反動減がありそう
消費増税前の駆け込み需要の影響が大きいようです。
14日に発表が予定されています。