新着Pick
412Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
If Then の簡単な組み合わせで、
IoTの組み合わせを、家庭や現場で
簡単に出来る様にした物です。
スマホでQRコードを読むだけで
自分だけのIoTが作れます。

https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/iflink_consortium/
"政府の「IT人材白書」によると、IT(情報技術)人材の不足を訴える企業は9割を超える"
とりあえず嘆くのではなくきちんと採用して育成しましょう。何年も前からITの時代になっているのですから。今後この流れがなくなることはありません
おぉ、これは素晴らしい取り組み。いよいよ国内でもオープンな企業連合が立ち上がりますか。自分が新しく設立したINDUSTRIAL-Xも加入検討しますかね。
5G本格化をにらみIoTプラットフォームが立ち上がる。各社のサービスを組み合わせ個人でも自分のIoTが作れるという点が目を引く。ソフトバンクやKDDIも参加とのことだが、IoTもプラットフォーム競争に入りそう。
ホームIoT領域では様々な攻防が繰り広げられている。

Amazon, Googleはスマートスピーカーを中心に展開し、グローバルではIFTTTがプラットフォーム化を目指し、国内ではYahooがmyThingsを終了して、東芝ifLinkやau Homeが展開中。
どのように着地していくかはわかりませんが、1社で無理に包み込もうとする流れではなくシームレスに多くの製品が繋がる事が本当に実現するならば利用者にとっては便利ですね。
AmazonやGoogleに対抗するALL JAPAN Allianceだろうけど、オープンプラットフォームにして会社の垣根なく、どんどん開発できる状況になれば進みそう。結局のところソフトバンクのリードになるのかな。
欧州での連合は「競争領域と非競争領域の区別が明確であること」と「みんなが勝ち馬に乗ること」により、上手にまとまり、良いものが生まれます。

しかし、日本の場合には「競争領域と非競争領域の区別ができない人が多いこと」と「技術的な正しさにこだわりがちであること」により、乱立して、結果、成立しない場合も多くあります。

そういった意味では「どれがビジネスとして、最も良いか」というセンスが必要だと思います。
オールジャパンは大賛成ですが、日本市場を閉じるためでなく、グローバル市場に打って出るための動きにしていただきたいですね。
IoTは結局は通信規格の標準化の話で、その分野で日本企業が勝てるとは思えないんだけどね。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.3 兆円

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.33 兆円

業績