新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>引用
『研究開発で一番重要なのは、未来予測だ――。これが吉野氏の持論である。研究者がいくら独創的な技術の種を持っていても、世の中の人のニーズ、つまり未来を読み間違えると技術が開花することはない。その吉野氏が未来を読み解くための拠り所としてきたのが、“バズワード”だ。社会に新しい概念が生まれる時、言葉だけは独り歩きで流行しても、その意味や定義はまだ曖昧模糊なままだ。その段階で、「研究者は、バズワードが生まれるような社会現象の裏にある“大きなヒント”を敏感に嗅ぎとることが絶対に必要だ」(吉野氏)と言い切る。吉野氏がリチウムイオン電池の開発を決めたのも、「ポータブル(持ち運びできる)」というバズワードがきっかけだった。その後、電源コードをなくす「コードレス」、通信ケーブルをなくす「ワイヤレス」といったポータブルな世界を手助けするようなバズワードが追加されてゆく過程で、吉野氏は「持ち運びできる電池の未来」をはっきりと予測することができた。現実世界で変化が起きる前に、である。』
いよいよCASE2.0に突入か。電動化や電脳化は手段であって目的ではないだろい。CASEでどんな新しいクルマの価値を提供し、社会とハーモナイズできるのか? もやは「単品ばら売り・技術の押し売り時代」は終わったのかもしれない。産業構造が変わり、新しい価値が創造される瞬間だ。
ケーレツ(CARETSU)から、TとRとUを 抜くと、CASEになる。

日本の電機、特に、電電ファミリー、原発村ファミリーに、90年代に起こったことと同じかもしれない
自動車メーカーが生き残るのは大変なのですね。先日フィアットとプジョーが合併というニュースもでていました。
テスラが沢山の資金を集めてもすぐに溶かしてしまい利益をだせません。
トヨタも必死に投資していますが、誰がやっても大変な時代なのだと思います。
しかし、もし日本が自動車産業まで失ったら、大変なことになるよな、、、
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
21.6 兆円

業績

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.46 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
4.27 兆円

業績