新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやー、これはどうなんだろう。
流石のアップルも、明らかにスマートスピーカー市場では苦戦してますよね。
この市場はビジネスケースとしても面白いです。

そもそもAmazonもGoogleも、スマートスピーカー単体で稼ぐ気はサラサラ無くて、あくまでスマートスピーカーは自分たちのウェブサービスへの入り口の扱い。
なので端末は赤字覚悟でばらまけるのに対し、端末単体で利益を出す必要があるアップルは、明らかにイノベーターのジレンマに陥ってる感じです。

スマホ単体のビジネスは、日本ではiPhoneが圧倒的に強いので分かりにくいですが、端末自体の差別化がしにくい市場だと、競争のポイントがソフトやサービスに変わるというのは、パソコンとかケータイの歴史が証明してますよね。
そして気がついたらマイクロソフトがsurfaceを手がけ、Googleがpixelをやるようにサービスと端末が統合されていくという。

スマートスピーカーに関しては、最初からサービス提供事業者が端末も作ってしまうという、本来アップルが得意だったことをAmazonやGoogleが仕掛けてきたのが面白いところ。
普通に考えると、ここから巻き返すのは、相当難しい気がしますが、アップルならではの起死回生の一手があるのか注目したいです。
Appleが巻き返すとしたら、iPhoneやiPad、アップルウオッチといったデバイスとの連携を強化する方向性だと思います。

Googleもアマゾンもスマホ等のデバイスではAppleの足元にも及びません。
ユーザー数も桁違いでしょう。

iPhone等に入れ込んだ記録や健康管理情報などをスマートスピーカーで簡単に引っ張り出せるようにすれば、十分勝機はあると思います。

家中をスマートホームにするのは、まだまだ普及が進んでいません。

もしかしたら、こちらの方向から攻めるというのもアリかもしれませんね。

どんどん競争していい商品を出してくださいね(^^)
スマートホーム市場をとるにはどうしても普及しやすい価格でのデバイスが必要になってくる。HomePodはいいスピーカーもしれないが、多くの人が購入するには高すぎる。新しい端末なのか、すでに多くの人が持っているiPhoneなのか、他社ではとりえない策をとることも不可能ではない気がする。
タッチポイントが、スマートフォンから、スマートスピーカーに変化した途端、Appleの優位性が音を立てて崩れます。

Timとしては、そこが、怖くて仕方ないのでしょうね。スマートフォンでは、未だに無敵なブランド力も、スマートスピーカーや音響製品では、全くふるわないので…
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
162 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
197 兆円

業績