新着Pick
802Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全ての成功企業は大企業病に無関係じゃない。

Google は2012年にタテのバラバラから脱するためヨコグーグル化を進めた。GmailやMapなど今やデータによるユーザエクスペリエンスの統合が当たり前だけど当時はプライバシー問題が最大の脅威であったグーグルにとって社内で猛反発があった。縦割りの病が深刻化する前に対処した。

2015年にアルファベットを作ってGoogleはその一部のGを担った。数々の異種なチャレンジをする企業連合軍として統合から分散のアプローチをとった。責任の明確化と新たなリーダーや新たなビジネスモデルの開発に着手した。

ハードウェアに関して言えば2015年にNestを買収した際、しばらくアルファベット傘下に置き、グーグルではなかった。グーグルのハードウェア部門に統合されたのは昨年で、それが現在Google Nestとして旧グーグル製品も含むホームプロダクトのブランドとなった。

この流れからFitbitもグーグルでやることに違和感はないが、必ず深刻な大企業病に直面すると思う。アルファベットでハードウェア部門をやるべきだった。本来そうしたかったのだと思うが、アルファベットにおけるグーグルの力が強すぎた。グループで均衡バランスをとれるハードウェアリーダーもいなかった。

大企業病にならぬようグーグルあるいはアルファベットは様々な手を打つが、それをやればやるほど症状が悪化するのもこの病の厄介なところ。革新さを保った長期的な成長のために数少ないチョイスとしては新生グーグルにおけるソフトウェアとハードウェアの分離だが、実際には「ソフトウェア」と「ハードウェア」を分離するのではなく切り方の界面が大変難しくグーグルがそれをやるかはわからない。かつてのように独禁法で解体された頃の方が経営判断も楽だったかもしれない。
Versaユーザーです。
Apple Watchを使ったことがないので、自分で比較したわけではありませんが、確かに電池の持ちは良いですし、何より価格帯も「ミドルクラスのスマートウォッチ」としてちょうど良い。

個人的には、女性の周期記録など活動量計の機能を最重要視しているので、その点では不満はないのですが、まだ日本では使えない機能もあり、今回の買収によって改善されると良いなと思っています。
AppleもGoogleも時計に可能性を見出しているのだろうが、果たして本当に時計なのだろうか?それとも今は段階的に時計なのか?いずれにしても重要なことは"人類にとって本当に必要かどうか?"ではないだろうか。僕がググったらそのデータは約6000社に行き渡るという。なんとも気持ちの悪い話しだ。
僕は常々、便利と怠惰は表裏一体で世の中が便利になればなる程、身体は太り、心は痩せ細ると思っている。
そういう意味において、真の心身の健康は、けつてGAFAから生まれることはないだろう。僕は悠々として急ぎながら、真の健康を求道者のように追い求めていきたいと思っている。
東記者の記事だけに分かりやすく、データも豊富。

バッテリーライフに関してですが、何をウォッチデバイスに求めるかによって使うSoCも異なり、それによって、バッテリーライフが変わるだけで、Fitbitに凄いノウハウがあるとは思えません。ですので、Apple Watchのような高性能なスマートウォッチを目指すと、Fitbitが開発してもバッテリーライフは持ちません。そういった意味で、消費電力の大きいWearOSとFitbit系のトラッカーの相性は良くなく、Huaweiなども独自OSに走っていますね。この記事にもWearOSの話が一つも無いのは意外でした。
私は実はアップルウォッチ含めて数台のウェアラブルを試した結果、fitbitメインのユーザーになりました。やはり24時間バイタルを追えるのは睡眠時間とかまで管理しようとするとマストですからバッテリーの持ちは重要。そもそもウォッチタイプだとずっとつけておくには大きすぎるんですよね。記事の中にあるシェアはスマートウォッチのシェアで、より細いフィットネスバンドタイプがfitbitの主戦場でした。(ただ、どちらにしてもシェアは減少していたのですが。)
別の記事にもコメントしましたが、このヘルス周りのデータ獲得をどう活かせるかだと思います。
フィットビットのもつヘルスケアの膨大なデータが、グーグルにとって一番の魅力。Amazonは、チェイスやバークシャーと提携してヘルスケア会社を設置していますが、その対抗意識もあるように思います。

電池の持ちはwearable機器にとって、大切な要素。毎日充電という手間に、Apple Watchを手放しました。
ハードウェアによるGAFAの覇権争い構造は理解しておきたい。

GoogleのFitbit買収により、スマートウォッチと関連デバイスの普及スピードは上がるはず。
→ユーザー行動の多くは、ライフデータをもとにしたものに変わる。
携帯の次はスマートウォッチだと思います。
携帯電話が普及して腕時計をする人が減りましたが、今後スマートウォッチをつける人が増えるのではないでょうか。
腕時計は時間を知るだけでしたが、スマートウォッチは使うととても便利です。
まだまだ進化する余地があるので期待したいと思います。
この記事の最大の勘違いは、fitbit製品は、Apple Watchの競合であると考えていること。

Apple Watchは、B2C商品ですが、fitbitは、B2B商品なんです。

それを理解した上で比較すると、本質的な違いが見えてきます。
スマートウォッチの普及に決め手が欠ける状態が続いてますね。health-techはポイントになりそうです。個人的には血圧簡単に測って欲しい。そしたらすぐ買います(^^)
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。