新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「電気製品の安全を検査する電気安全環境研究所(JET)の認証を得ることができず、事実上販売できない状態にあった」ものが、なぜテスラなら簡単に許されるのか。要求に応じて簡単に外せる安全基準なら、はじめから無用でしょう  ( 一一)
これが日本の新興、あるいは中小のメーカーなら、先ず通らない話であるように感じます。我が国では、補助金一つにしても既定の認証基準に縛られる。認証基準に合わない画期的な製品を従来の7割のコストで作っても、既存業界と当局が一致して作った認証基準に照らしてコストの5割に当たる補助金がでず、結果的に販売できないなんてことが起きるんです。
テスラの自動車が火炎を噴き上げている動画が一時沢山ネットに出ていましたね。あの種のリチウムイオン電池が建物の中に設置され、火事で火が付いたり、地震で押しつぶされて内部ショートを起こして火を噴いたりしたら、酸素を吹き出しながら激しく燃えて水をかけても消えません。リチウムイオン電池を家庭や事務所に入れるなら、電池セルそのものが爆発的に燃えないことに的を絞って厳しい基準をつくるべきじゃないのかな・・・ 自動車の燃えっぷりを見る限り、テスラの電池がそれを満たすかどうか、若干疑問に感じますがどうなんでしょう (・・?
FITの終了で太陽光発電の自家利用へシフトが進むタイミングでの安価な蓄電池の投入。価格とテスラのブランドがあれば、既存の太陽光発電などの設備との相性を確認してくれる業者も出てきそうでうまく離陸する可能性が高いと感じます。テスラに対する電池供給者はカニバリの点で悩ましいかもしれませんが、市場が大きくなるなら後押し不可避と考えたのでしょう。
 太陽光パネルの価格も下がり、自家発電向けの需要が新たに喚起されると思います。
具体的に、どの部分の認証でひっかかったのかは明確にすべきですが、解禁したのですから、お役所にも何らかの確信があってのことだと思います。
(そうでなければ、動く国ではありませんので)

家庭向けで国内メーカーの半額と圧倒的に安い米テスラ製を解禁…これは、政策としては当然でしょうね。半額で買えるものを、わざわざ倍の値段で買う人はいないですから。

そう考えると、やはり重要なのは「どの試験をウェイバー(適用外)にしたか」でしょうね。
なんだかなあ
時価総額
11.3 兆円

業績