新着Pick
382Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイナビにしかできないサービス、期待できますね。
「同意が得られていれば問題がないとは考えない」いい言葉ですね。
技術的、法的に可能であっても、倫理的にOKなのかどうか。
就活プロセスにおけるAIやデータ活用は広がっていますがアメリカではEthical AI(倫理的なAI)であり、バイアスフリーなことが前提条件になっています。
2010年代前半、マイナビさんから提案を受けたことがありますが、確かにイベントtoサイト掲載のセットでもリクナビよりだいぶ安いイメージあったなぁ。

ただその頃くらいからリクナビやマイナビのようなエージェントさんへのサイト掲載やイベント出展よりも、ベンチャー企業同士で一緒にイベントやって学生さん集めたり、逆求人イベントが増えたり、SNS経由のチャネルが増えてきており、学生さんや企業の変化、

つまりは顧客よりもライバル見てサービスつくっていた印象も強いですね。
大学3年生になる前の早い段階から在り方を考えさせる必要があるのは、そのとおりです。働くことの最初の経験がその後の生き方や働き方に大きく影響します。

この点については、大学1・2年次の教養課程では、キャリア教育が必須とされているので、マイナビなどの就活支援業者がプログラムをパッケージで提供している動きがあります。しかし、提供されているプログラムは生き方や働き方を考えさせるというよりは、就活準備的な要素が強く、学生の行動変容を促すレベルにまでは至っていません。

また、

〉現在の制度だと、経団連の企業は大学3年生の3月からしか募集ができません。
〉そのため、限られた期間でたくさんマッチングできるように、さまざまな企業にエントリーしたり、それなりの数の説明会や選考に参加したりすることは必要だと思っています。

大人が作った就活は、短期間で学生にマッチングを迫る大人に都合のいい仕組みになっています。このシステムは企業の採用・育成コストや就職時の若年失業率の低さには貢献しているものの、40歳でなんとなく限界が見え始めるまで夢を見続けさせて飼殺しになっており、問題の先送りに過ぎません。

雇用システムにメスを入れる企業が現れ始め、採用の在り方が多様化しています。一律的のサービスでは通用しなくなるのでリクナビ・マイナビも変化を迫られています。
キャリア教育研究科の橋本さんのコメントに深く賛同します。以下引用
「大人が作った就活は、短期間で学生にマッチングを迫る大人に都合のいい仕組みになっています。このシステムは企業の採用・育成コストや就職時の若年失業率の低さには貢献しているものの、40歳でなんとなく限界が見え始めるまで夢を見続けさせて飼殺しになっており、問題の先送りに過ぎません」
DeNA vs GREEとか、リクナビ vs マイナビとか、ライバル心からくるモチベートや成長スピードの加速は確実にありますが、走る方向を間違って全速力する危険と隣り合わせだなぁと思います。
"どんなミッションを達成したいのか?どうあるべきなのか?"に定期的に立ち戻る癖を、営業の最前線にまで届くようにしていく努力をし続けるしかないと感じました。
三浦さんのコメントで理解が深まりました。リクナビとの価格競争のお話、もっと知りたかったです。