新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディズニーのコンテンツはやはり強力です。小さい子どものいる家庭では、スマホに子守りをしてもらうのは今や当たり前ですが、その時、ディズニーのコンテンツは大歓迎されると思います。しばらくはネットフリックスやアマゾンプライムのユーザーもブラスワンの負担をする形で共存し、そこからどこが脱落するかの戦いになるのでしょう。私の体験では、音楽配信サービスはいったんすべてに加入しましたが、今はひとつしか加入していません。映像配信サービスもいったん4つに加入しましたが、今は2つだけです。私の実感ではディズニーはローンチから1年間の成長は確実ですが、その先は見通せず、後はディズニーのサービス内容が厳しく問われると思います。
Disney+で「ディズニーのアニメ作品が見られるの強い!」という人多いですが、それだけじゃないです。ピクサーも全作品だし、スター・ウォーズやマーベル作品もスピンオフ含めて公開される。いずれも熱心なファンが多いので、公開前に100万人超というのも納得がいきます。

Amazonはプライムの付属サービス的な意味合いがあるからおいといて、Netflixとはガチンコの戦い。でもNetflixのオリジナル作品にハマっている人達から見たら、たとえDisney+に加入したとしても、Netflixを解約する決心はつかないんじゃないかなと思います。面白すぎるから。

そうなると、この2つのサービスだけで時間とお金を消費してしまうから、他のコンテンツ課金サービスは追い込まれるし、新規参入が厳しくなる。これらの巨大プラットフォームに近づくか、それとも遠く離れるか。どちらかを選ぶ必要が出てくるのでは。
①のNP編集部の記事でも、Disneyのリアル含めたチャネルの強さと、Disney +への注力が伺えたがその結果がこれ。
今後について、アンケートでの「加入する可能性が高い」と実際の購買の意思決定は差が出るとは思うが、それでも現時点でこれだけ関心が集まっていることも強い。
ただ、②でコメントしたように、単価および各種動画ストリーミングが独自コンテンツを差別化に使おうとしていることを考えると、複数入るユーザーが結構出てくると思う。
https://newspicks.com/news/4345723
https://newspicks.com/news/4350063
うちはAmazonプライムは通販の送料無料のついでとdアニメとのセットが魅力。それ以外はWOWOW(ATP男子テニス狙い)と、WTA女子テニスシーズンのDAZNと、NBA楽天だけ。スーターウォーズもマーベルもそこそこWOWOWで見られるし、ディズニーに入ってもとても見きれない。錦織くんと大坂なおみちゃんの活躍でWOWOWとDAZNに入る人、八村塁くんで楽天に入る人はかな〜り多いらしい。けどうちみたいなのは少数派だろうな。平均的にはディズニーに入る人はけっこういるのかな。WOWOWは録画もできるし、放送しないATPもしっかり配信してくれるし、価値は高いのだけどなぁ。
>1年間の無料アクセスを提供するからだ

これは、大きな誘因になると思います。

ただ、1年間無料のAppleYV+は、すべてのコンテンツが有料じゃないですか(私がザッと調べたところ)。

大風呂敷を広げても、その都度課金されるのではサブスクリプションと言えないのではないでしょうか?
開始は11月中旬ですが、分析会社のJumpshotの調査結果によるとDisney+は「すでに米国内で100万人以上のユーザーと契約している可能性がある」とのこと。

業績