新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンテンツ=有名店の独占出店とありますが、本当にその要素は強いんです。大手チェーンが知名度もあり売れ始め、次に地場の有名店舗→様々な個人店という優先順位になります。とはいえ、人気店はイートインファーストなので、前提そこまでデリバリーを強化する必要性が薄いことも多いです。そこの獲得は結構労力かかります。
#Grabhub 、#Postmates 、#Doordash ともに赤字ということ。
#ubereats は赤字だという話だが、し烈な競争には、変わりありません。
なるほど、確かにフードデリバリーもコンテンツの戦いになってくるのかもしれないですね。
一方で、動画ストリーミング業界ほどコンテンツのクオリティ差が出にくいとも思う。
同じ牛丼で、何がなんでも吉野家がある方のサービスを選ぶ、なんて人は少ない気がするから。
つまり、知名度のある店舗をいかに獲得するかよりも、いろんなジャンルが揃ってる、ラインナップの多さの方が競争力に繋がるのかも。
Bastianは「Uberとは違う」と言っていますが、その理解には同意できません。

基本的にはマッチングサービスなので、ビジネスモデルは同じです。

加えて、米国では、チップも必要となるので、割高になるため、中国のような環境は実現できません。

競合が増えるにしたがってレッドオーシャン度が上がると思います。
「フードデリバリー分野の戦いは、動画ストリーミングに例えるべきだ」

納得です。飲食業自体が、コンテンツ力勝負とサイゼ的効率勝負に分かれているイメージです。