新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経新聞に私のコメントが少し掲載されています。
この記事は、組織内のつながりをどうやって構築するか、ということについて、メルカリで導入されているピアボーナス「メルチップ」やZOZOが導入している「幕張手当」などが取り上げられています。
先日、ある経営者の方と対談をしたのですが(後日記事化されます)、いわゆる「Google本」でハウツーを学ぶのは無駄ではないけれど、それを同じように真似ればうまくいくわけではない、という話が出ました。この記事でも同じく、これらの制度を導入している企業のやり方をそのまま真似てもうまくいくとは限りません。
私の本の『他者と働くーー「わかりあえなさ」から始める組織論』で紹介した概念で言うならば、組織内のつながりの希薄化という適応課題に技術的問題解決を図ろうとしてしまっていると言えます。
もちろん、その取組みを通じて、何かのメタなメッセージは伝わるかもしれませんが、逆効果なこともあります。
重要なことは、何が自分たちの組織において必要なのか、よく観察をして、具体策を考えていく、対話的な取り組みだと言えるのではないでしょうか。
全社から表彰される人はごく僅か。表彰されたとしても1年に一度くらい。そんな大それた賞賛よりも、半径5m以内の身近な人への貢献や感謝がモチベーションを高めるのでしょうね。