新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「いまだにAO入試や推薦入試に対してネガティブな印象をもつ高校教員が多いという話を、特に地方でよく聞く。楽な道を選ばずに、大学受験を通して自己研鑽をしろという意味だとは思うが、それこそ時代錯誤な思い込みである。
言わずもがな、推薦入試の資格を得るために毎回の定期テストでいい成績をとり続けることや、AO入試のために自分と向き合うことは、決して楽なことではない」

これには高校の成績評価が信用できそれによって受験生の比較が可能であることが必要だろう。

入試改革という入り口の問題は重要ではあるかもしれないが、高等教育の問題の小さな一部ではなかろうか?大学卒業生の質の向上のためには、大学の成績評価を厳しくする必要があることは間違いないと思うが、また高校などそれ以前の段階でも同様の問題はあるような気がしている。
そもそも政府が掲げる高大接続の理想型は、すでに大学付属校各校が実現しているのだから、極端な話、理想の高大接続を実現したいのなら、さっさとすべての高校を実質的に大学付属校化してしまえばいい。