新着Pick
398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日から試しているAirPods Pro。ポイントは、

①中低音を中心とした音質の向上という基本的なハードウェアの進化に加え、
②シリコンを使ったカナル式ヘッドフォンにして全く新しい発想の柔らかく疲れないイヤーチップ、
③実はシリコンがなくても耳にきちんと装着して固定できる新しいデザイン、
④内外2つのマイクを使ったノイズキャンセリングと音質補正、
⑤それらの処理を行いながらあの小ささで4.5時間持たせる高性能省電力H1チップ

といったところです。

完全ワイヤレスヘッドフォン、もしくはノイズキャンセリングヘッドフォンという複雑そうな製品を初めて手に取る顧客も多いと思いますが、非常に高いスタンダードが設定されたという印象。

個別に見れば優れた製品もまだまだあります。しかし1つの製品で、デザイン、オーディオ設計、ノイズキャンセリングや高音質化のソフトウェア処理、独自設計のチップという要素を全て上回ることができる製品の登場は、なかなか難しいのではないでしょうか。

Appleのウェアラブル部門は7ー9月期に50%成長、通年でも40%増で、低迷中のiPhoneをカバーしてプラス成長に持っていけるほどになりました。
YouTubeにもレビュー動画が続々上がっていますが、軒並み高評価ですね。
個人的にはカナルタイプになったと知って一瞬がっかりしたのですが、シリコン部分の中身が空洞だそうで、装着感はかなり良さそう。ノイズキャンセリング機能も付いて、"後出しジャンケン全部入り"という、いかにもアップルらしい
隙のない商品です。
早速本日購入。前のタイプだと耳に合わず落ちまくりだったので、他のカナル型を利用していたのですが空圧がキツくて長時間装着するのが厳しかったんですが、今回のAirPods Proは圧もなく、装着感めちゃくちゃいいです。着けてるのを気にしなくなるくらい。ノイズキャンセルも没入感が素晴らしい。何よりiPhoneとの親和性高い。操作もシンプル。めちゃくちゃ重宝しそうです。

※個人的感想です(笑)。
iPhoneについてくるイヤホンが私の耳には全く合わず、その場飛びを3回すると外れてしまうので、これはお金に余裕があっても怖くて買えない。Apple、あのイヤホンの形、なんとかしてくれ!
ソニーのWF-1000XM3を超えていると言うレビュー多いですね。それは想像以上でした。

Android対応を完璧に行ったら、倍以上売れるのに、勿体ない。
売れている既存製品は残しつつ、それに対する問題解決型をproとしてラインナップ。まだ成熟していないジャンルの展開として王道ですし、売れるほどよりヘルスケア領域への展開も楽しみになります。
ノイズキャンセリング能力がWF-1000MX3を超えてるらしいですね。

いいかも...
記事などで出てくるレビューは当然何割か増で評価がよく書かれていると思うのですが、SNSなのですでに使い出した人たちの評価も軒並み高い。かなり気になります。
B&Oに比べるとどうしてもデザインが安っぽく見えるんだよな。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
151 兆円

業績