新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上方修正をしたが、株価は既に2017年後半~2018年前半のピーク圏のような2万円を超える水準にまで戻っていたので、今日はむしろ-2%近い下落となっている。
説明会資料のポイントは下記。
・種類別では2019年度についてロジック+35%、NAND-60%、DRAM-40%という売上予想(全体では-15~20%)
・足元はメモリの在庫調整完了という判断
・2020年はメモリの回復を想定(ここが実現するかがキー)
https://www.tel.co.jp/ir/library/report/cms-file/fy57q2presentations-j.pdf
東京エレクトロンの4-9月期決算。会社見通しに比べて前倒しの売上が出たようで、計画を上回る売上・利益で着地しています。これに伴い通期計画も上方修正されましたが、下半期の計画値は従来比下方修正されています。
 ロジック・ファンドリー向けは好調ですが、メモリむけの受注回復は来年になるとの見立てが新しい会社計画の背景にあるようです。
東京エレクトロン株式会社(とうきょうエレクトロン、英:Tokyo Electron Limited)は、東京都港区赤坂に本社を置く電気機器メーカー。半導体製造装置およびフラットパネルディスプレイ製造装置を開発・製造・販売している。この分野でのシェアは国内首位、世界で第3位。TOPIX Large70構成銘柄。 ウィキペディア
時価総額
4.16 兆円

業績