新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
長期的なシナリオの一つだとは考えていたが、このタイミングで決定することは本当にサプライスだ。AWは電動化に出遅れ、AT事業の構造不況に苦しむ立場にある。この再建は精機とAWが合併したから解決できるような問題ではない。3000億円以上の資金流出に見合うリアルな統合効果を実現できるか否か、アイシン精機経営陣の説明責任は重大だ。それにしても、トヨタ自動車のAT事業の見切り方は冷酷なほど。それほど、電動化への流れを覚悟しているということか。
覚悟をお決めになりましたか、双方 ある意味動きやすくなるかもですよ
アイシンAWは、トランスミッションやカーナビなどを手掛け、売上は約1.4兆円(単体)。トヨタが41.98%保有するのを買い取る形。いくらだろう…リリース見ると、譲渡には合意しているが業績影響は精査中とある、ただ4月の予定という意味では今期業績には影響しないのでそういう意味で今期について修正をする必要ない。とはいえ決まったら開示が必要な規模だとは思う。
ちなみにAWは、元々米国のトランスミッションなどで大手のBorgWarnerとの合弁で「アイシンワーナー」という社名であることに由来。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120191028412977.pdf
トヨタがEVシフトをにらみエンジン絡みのトランスミッション事業を整理する意向だとまずは理解しました。トヨタはアイシン精機の25%の株を所有しAWの42%の株を保有しています。トヨタはこのAW株をアイシン精機に譲渡するようで、対価はおそらく現金なのでしょう。トヨタとアイシン精機の株主関係がすぐに変わるとは思いませんし、ある程度事前に想定されたのではないかと思いますが、アイシンはエンジン車における残存者メリットを最大化する自由度を得たとも言えるかもしれません。
アイシン精機がトヨタ自動車が保有するアイシンAW株を全株取得した後、アイシン精機と合併するとのこと。どっちもバスケチーム持っているけどどうなるんだろう?と思ったあなたは立派なバスケ通。
似たような事業会社の統合にどんな変化が起きるのか?
外から見ると似たような会社に見えるけど、全然違う会社

社名どうするんだろ
上空からみると「AW」の文字をかたどった形の建物あるし
https://goo.gl/maps/Fs6bMqwL9v43rwgbA
資本関係はともかく、お互い組んで行く方がやりやすい気がしますね。
当面ハイブリッド推しでしょうし。
アイシン精機がは31日、アイシングループ内のアイシン・エィ・ダブリュ(AW)と経営統合することで基本合意したとのこと。
えっ、今さらアイシンが買っても困るだけでは。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.6 兆円

業績

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社(アイシンAW、AISIN AW CO., LTD.)は、オートマチックトランスミッション(世界シェア1位)、カーナビゲーションシステム(世界シェア2位)などを開発、製造、販売する大手自動車部品メーカー。アイシングループ主要6社の一つ。 ウィキペディア
アイシン精機株式会社(アイシンせいき、AISIN SEIKI Co.,Ltd.)は、トヨタグループの自動車部品メーカー。日本の他メーカーや、フランスのプジョー等の海外メーカーにも部品を供給している。CIは「Geared up for the future」。 ウィキペディア
時価総額
1.05 兆円

業績