新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たしかに、バンクといっても集めるだけでは無意味で、活用できないと。実用化、臨床応用を目標として、機能していってもらいたいです。
アカデミアの研究用途のみならず、海外のバイオバンクのようにMarket Placeを整備してマネタイズモデルを作り(大儲けするのではなく)事業が活性化する仕組みが日本でも標準化していくとよいですね。

医療機関が保有する医療情報のデータ二次利用については法整備の片手落ち感が否めませんが、法律家視点ではなく現場の研究者や医療従事者の視点でルールを整備して、日本のバイオバンク事業も活性化して欲しいです。

クラウド技術の観点では、このようなデータ売買を行う仕組みが作られ始めています。
バイオテクノロジーの普及・発展のためにも、バイオバンクの構築と合わせて、民間が利用しやすいルールの整備も行っていただきたいです。
ルールの作り方によっては、消費者受容が上手く形成できないことがあるため、今後のバイオテクノロジーの発展のためには、その点を踏まえた慎重かつ迅速な制度構築が必要だと思います。
>グローバルで開発競争が激しくなる中、病気の発症過程を時系列で追えれば医療開発で強みになる。
バイオバンクを研究開発に役立てたい大学と企業、医療産業を盛り上げたい市にとってはwin winということでしょう。

「必要な情報をひもづけた試料をそろえ」とありますが、医療情報は究極のプライバシー情報でもあるのでどこまでの情報を誰に提供するのか、問題になります。既往歴だけでは個人の特定にはつながりませんが、年齢や性別、居住地、医療機関など情報が増えれば増えるほど個人が特定されやすくなってしまいます。
国内にバイオバンクがいくつかありますが、統合的にデータを使えればより良いなとは感じています。

各施設でのプロジェクトになってますが、こういった連携は国レベルでできることを期待したいですね。
産官学の連携がベースにあるので、研究を進めつつビジネスが成立するのでしょう。どれだけ多くの組織を巻き込めるかによって影響力は違うでしょうし、その質も求められます。

どのような研究が進められていくのか楽しみです。
関連記事一覧
日本の医療が優れていると言われるのは、なぜなのか=中国メディア
ニコニコニュース
29Picks

医療界のAmazon、アズワン社をウォッチ開始!医療介護ヘルスケアIT時価総額ウォッチ【2019年5月版後編】
アジヘルのヘルスケアビジネス考察日記
17Picks

医療介護ヘルスケアIT時価総額ウォッチ(2019年7月版):医療界の巨人エムスリーに加わるもの、離れるもの
アジヘルのヘルスケアビジネス考察日記
16Picks

地元製造業の進出相次ぐ、構想20年超の「神戸医療産業都市」が実現した成果
ニュースイッチ
15Picks

こんなコミュニケーションしていませんか?医療現場で起きている93%がついてしまう嘘について
www.xn--keis-8c4c6oziqg4409a35fsl3i.com
9Picks

認知症疾患医療センター「知っている」は1割弱
CBnews
7Picks

規制されるかも!?駆込み契約が増えている法人契約の「医療保険(短期払い)」
K2 Assurance 保険アドバイザー 和田信泰の海外生命保険ブログ
6Picks

エボラ熱「緊急事態」、医療機関搬送など協力依頼
CBnews
5Picks

【症例勉強】医療従事者なら解きたいケーススタディ!第二弾!!
www.xn--keis-8c4c6oziqg4409a35fsl3i.com
5Picks

医療の「匠の技を医療現場に届ける」AI技術でインフルエンザの早期発見を目指すアイリス、12.5億円の資金調達
ロボスタ
4Picks