新着Pick

婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性

東洋経済オンライン
「昨夜は早々と寝てしまったので、送っていただいたLINEを今読みました。朝から吐きそうです」竹内昌平(仮名、45歳)から、朝の8時にLINEが入ってきた。真剣交際に入っていた吉田真知子(仮名、42歳)の相談室か…
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経験者として言わせてもらうと、結婚する事よりも幸せな夫婦関係を維持していく方が遥かに困難。もちろん、大変な一方で喜びも多いけど、記事にある「結婚してこそ一人前という考え方は、もはや古い。今や結婚は個人が選択をする時代ですからね。1人で生きていこうと思うなら、それはそれで腹をくくればいい」というのがこの人にあったアドバイスだと思う
先日のThe UPDATEの「結婚は時代遅れなのか?」を見て色々と現在の結婚事情を知りましたが、この記事もいまの結婚事情がよくわかる。

結婚は時代遅れなのか?
https://newspicks.com/movie-series/10
結婚は、自分の為にするものという感覚が先に立つと、多分こうなるんだろうな…

結婚は2人の為のものだから、相手のことを先に思いやる気持ちが自然に湧き上がってこないと出来ないんだろうなと読んで感じました…
朝から吐きそう、なんてメールをする時点で、この人、普段もこんな感じなのかと疑ってしまいますね。
決まらないのは年齢とか婚活歴の長さじゃないと思います。
一定の年齢を超え、人生の経験値が高くなられた独身の方々からしますと、結婚はご自身のやりたいことや熱中したいことの阻害要因にしかうつらないのかも知れないですね。
相手側の仲人からは、フィードバックはもらえないんだろうか。当事者の愚痴を聞くよりもよほど重要に思えるんだが。

> 交際がダメになったときには、思っていることすべてを吐き出してもらう。どんな愚痴も、とことん付き合って聞く。それも仲人の仕事だと私は思っている。
吐きそうって。
とっとと吐いて会社行きましょう。
毎日のLINE、相手の立場に立ったら正直しんどいかも…。
それに「朝から吐きそう」、「また時間と金だけ使って、パアですよ」など吐露する男性と一緒にいたい女性は一握りかと。
いくらお金や学歴があってもこれはまた違う話。
また先日とあるup dateイベントに参加した際に20~40代の男女の結婚相談で一番多いのが「出会いがない」こと。
それでも県などが主催する婚活イベントへの参加者は年々減少傾向であること。
どういうこと⁈と思いますが、「出会いがない」のはあくまでも表出したニーズであって、その背景には余白、「(自分が結婚した異性との)出会いがない」というインサイトをしっかり理解して婚活しないといけないという話。
大手結婚相談所の方も言ってましたが、残っている男女が結婚できない理由に理想が高すぎる、それを捨てられないという潜在的なプライドに気づいていない方が非常に多いということ。
恋愛、結婚は難しいですねーー。

業績