新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
良いアイデアなので、
・nanacoに限定しない
・店舗に割引率やタイミングを自由に決めさせる
など工夫すれば、より実効ある取り組みになると思います。
第一歩目の取組みとして良いことと感じながらも、ナナコ限定という方法を取ったことで、その取組みが販売戦略という印象を与えているのは残念。

効率向上のために様々な工夫をしてきたコンビニ業界が全体で取組みを始めれば、もっと根本的な廃棄ロスを減らすための改善が出来るのではないだろうか。

食材廃棄や弁当容器のプラスチックなど、これらの問題を解決するのはコンビニ内で購入時に食材を詰める、弁当屋的サービスになるのかもしれない。
この取り組みは、まさに顧客にも店舗にもメリットがあるWin-Winな仕組みだと思います。
是非、全国的に普及拡大して頂きたいです。
>消費期限近い弁当は5%還元
これは素敵な取り組み。
だからこそ、どの決済サービスでも、使えるようになってほしい。
セブンイレブンが実験を開始した昨日は食品ロス削減の日。各社が競い合って独自の取り組みを行うことを期待します。
これが総合トップ記事とは...
こうゆうSDGs観点のあるアイデアをもっと社会として寛容に試していくべき!
消費期限が近づいた弁当やおにぎりを買った客に、価格の5%分をポイント還元する試みが北海道と四国の店舗で試験的に開始したとのこと。
効果ありそうです。
とても良いことだ。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績