新着Pick

訪問介護利用者の印鑑無断作製し不正受給、2600万円の返還求める

京都新聞
京都府八幡市と城陽市の各社会福祉協議会で居宅介護支援(ケアマネジメント)事業と訪問介護の利用者の印鑑を無断作製していた問題を調査した両市と京都府が30日、結果を発表した。八幡市は、介護報酬の不正受給が判明したとして同市社協に約2610万円の返還を求め、11月1日から6カ月間、新規利用者受け入れ停止の行政処分とした。  同市社協では、利用者に無断でケアマネジャーが印鑑を用意し、本人や家族の許可...
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
印鑑という仕組みがすでに機能していないのかもしれない。
代替的で効率的な仕組みが必要かもしれない。