新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「95年に英語、中国語、韓国語の3種類でスタート。海外在留邦人家族を想定していたが、発行当初から日本にいる外国人の利用が多かったという。現在は9カ国語に対応。市区町村が購入した外国語併記の手帳は2010~17年の間、毎年約1万5000~2万2000部で推移している。」
これは素晴らしい取り組み。複雑な制度のみならず、ご本人が大変かつ不安になるとき理解できる言語で情報が来ることが母子を守る。