新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに米国の大学スポーツ(NCAA)で、選手個人がその名前を使ってお金を稼ぐことを容認することになりました!
大学スポーツはバスケやアメフトなど巨大なビジネスになっている一方で、選手への還元が少なすぎると批判がありました(ビジネスが学生を食い物にしている)。他方で、学生はプロではないし、その後プロに行ける選手は稼げるので、学生個人が稼ぐべきではない、との意見もあります。
カリフォルニア州では先んじて、州が稼ぐことを容認したこともあり、今回の決定につながったのでしょうか。
日本版NCAAを育成するという議論もありますので、参考になる議論です(個人的には日本の甲子園こそ生徒の汗と涙とたまに怪我をオトナのビジネスに付き合わされてると思いますが・・・)

①米加州が学生アスリートの資金稼ぎを法律で承認、23年1月から
https://newspicks.com/news/4267262

②英語の記事
https://newspicks.com/news/4339929
学生が大学スポーツによって稼げる状況になる。
これによって様々な問題が起こると思うけど、NCAAが理念を失わずどうやって制度設計していくのか。そのあたり注目したいです。

日本の大学スポーツも15年後くらいに直面するところかと思います。