新着Pick
695Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年前の記事では、店の負荷を下げるために油抜き行程をなくした、という省力化の話がありましたが、それでは追い付かないということでしょう
https://newspicks.com/news/2440579
その時のコメントでも書いた内容を再掲
【再掲】
以前、コンビニ業界の月刊誌を読んでいると、店によっておでんの味には差ができるので、どうしたら美味しくなるかを延々書いていました。具を入れる順番やバランス、つゆを継ぎ足し忘れないことなど結構細かく、こんなに差ができる商品は基本コンビニに向かないなあ、と思った次第
今年の5月に食品ロス削減推進法案が成立しています。その背景に、コンビニでの恵方巻等の大量廃棄が課題になっていました。人手不足とともに、コンビニと食のあり方が変わりつつあります。
皆さんのコメントを読んでいても、コンビニおでんって意見が割れるものなんですね。ちなみに私はよく利用しています。実家で家族ワイワイ食べていた頃はさほどありがたみを感じませんでしたが、いざ自分で用意しようとすると結構大変。量もたくさん出来てしまうし…。

そんな人が多いのか、近所のセブンイレブンは、この時期になると飛ぶようにおでんが売れています。「ローカロリーセット」「定番セット」のように、パッケージ化してくれているのも選ぶ手間が省けて助かる。なんとか続けてほしいなぁという、一消費者の意見です。
>売れ残りのおでん廃棄に心を痛ませておりました

まっさきに「恵方巻も止めるよね?」と思いました。
人手不足解消が喫緊の課題。自動化しかないのかも
1. 中止の動きが広がっている?
縮小や中止の動きが広がっていると書かれていますが、この記事では、動きが広がっているかは分かりません。分かることは、ある店舗が、わざわざ中止を告知している事。調査のやりようは無いし、わからないでしょうが、何店舗くらい中止しているのか知りたいところ。

2. ダイエッターには残念な知らせ
コンビニの食事で、お腹にたまり、かつ低カロリーなおでん。昔とは異なる客層をつかみ始めた商品なので残念といえば残念。

3. 今後のおでん
コメント欄にもあるように、おでんは手間がかかる上に、最近は販売力も減り、結果として廃棄の割合が増えているので賛否のある商材。今後の方針としては、

ファミマ が展開すると言うレンジアップおでんが大本命では。
https://www.ryutsuu.biz/commodity/l080916.html
これなら、おでんも食べられるし、廃棄も少なくなるし、手間もかからないし、良い事だらけ。と思いますが、多分販売量は今より減ります。
なぜならカウンター商材でなくなり、いわゆる惣菜扱いになるからです。コンビニのチルドケースで売れる惣菜商品って、10個も売れません。レンジアップにすると決断する事は、おでんの拡販を諦める事と同義です。

4.では、空いたカウンターに何おくの?
縮小、中止の後には、これが一番大切。一番お客さんの目に止まる場所に空きができるわけですから。ドーナツ、焼き鳥と来て、次は何かなー。
冬にコンビニに入ったときのおでんの匂いが苦手です。
これは僕にとっては朗報です。

そもそも24時間営業から営業時間縮小の風向きなので、おでんは無くなってもいいのではないでしょうか。
僕のようにセールでした買わない人ばかりだと、採算取れないですよね。

それで中止するのは残念と思うのは自分勝手ですね、と自分に言い聞かせる。

ちなみに衛生面を気にするコメントが多いですが、学生時代にコンビニで働いていた経験上、スタッフが杜撰な管理をしない限りは大丈夫です。
什器は定期的に清掃します。
具材はパックされている冷蔵の物を補充するだけです。
汁も原液を薄めて補充するだけです。
管理表があって、時間が過ぎた物は廃棄します。
冷凍食品のおでんセットにシフトし、店頭では通年販売できる揚げ物に力を入れるということですかね。客粗利、どう変わるのでしょうかね。
NHKクールジャパン「鶏料理」でも特集したのですが、コンビニのレジ横はチキン☓おでん戦争で、240種類の味付けという多様さを誇るチキンが勝利しました。でも和の代表おでんにもまだ力はあるはず。負けるなおでん。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.55 兆円

業績