新着Pick
1416Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
毀誉褒貶あると思いますが、私にはあまりピンときません。
日本社会の未来を担う世代の声を拾い上げることは大切ですが、上場企業である限り、株主や社員などのステークホルダーの利益に資するための経営努力が優先されるべきです。
インターンシップや普通の教育振興ではダメなのでしょうか。
ユーグレナのCFO(Chief Future Officer)が17歳の小澤杏子さんに決まりました!これからが楽しみです。
ついに!!これは上場会社としてチャレンジングな試みだと思いますが、選ばれた女性を見て、納得。
しかも、女性である点でもダイバーシティもあるし、素晴らしいです。
彼女がこれから得られるであろう経験や人脈を想像するだけでワクワクしますね。
さすが永田さんだと思います。
私も初めて代表取締役になったのは19歳でした。とても小さい会社でした。
その頃の自分からも想像もできない人材が集いました。

ユーグレナは難しい挑戦に果敢に挑んでいる企業であり、高い理想を掲げつつ、依然として厳しい現実と戦う企業です。
だからこそ、彼女のような力と声をCFOとしての発言として重く受け止め、社会課題に挑む姿勢を強く押し出す事に大きな意味があると思うのです。

高校生という本業など、もろもろの事情で契約形態や就業のあり方は制限がありますし、むしろあるべきである等、様々なご指摘を検討した上で最善の形態で参画してもらうことができたと思います。

私も議論させていただける事が心から楽しみですし、参画してくれた方々の想いを、実行やインパクトに繋げる責任があると理解しています。温かいご声援、よろしくお願いします。
日本にいながらにして多角的な視点で社会を見つめる課題意識が素晴らしいですね!確かにもし17歳のアドバイザーがいたら私も色々と聞いて見たいことがあるなー、とふと思いました。
これは素晴らしい。日本の経営者層に一気に性別、年齢の多様性が!そしてESG投資にも良し!
昨日「ソーシャルイノベーションスクール」を訪れ、一緒に推進したいことをお話しました。その理事長がユーグレナ出雲さん。東大ベンチャーから一部上場企業に成長させながら、SDGsを本業とし、攻め続ける。この人事も企業プロモーションやブランド狙いではなく、本気なんだろうな、と感じます。
ユーグレナのコーポレートブランディングとしては非常に良い施策だと思います。

取締役でもないかたが「ナンバー3」という位置付けはイマイチよくわかりませんし、実際、このようなパブとしての意味以外に何があるのだろうか?と考えましたが、

少なくともこのパブによって、若い人たちが自分たちの将来や未来、就職において、自分たちが考えるんだという観点を見せる上では効果的かもしれないと思いました。
この企画、このプロジェクトは、ユーグレナがやるからこそ、価値がある。ってそう思う!
この抜擢には期待。年齢で判断するのはどうかという意見もありますが、やはり未来を担うのに重要なファクターだと私は思います。