新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょうど発表のフィンテックカンファレンスに行ってきました。
モビリティからドライバーの生活をスムーズにする金融サービスカンパニーにもシフトしてきていると思いますが、東南アジアの配車アプリGrabやgo-jekが行なっているいわゆるスーパーアプリを参考にしていると思います。
Uber ,Lyftと顧客と同じぐらいドライバーに対するケアも大事なビジネスモデルなので。
決済データと移動データを把握すると色々なユーザーインサイトが見えてきます。
本当はこれをスイカや東京のタクシーでできていれば日本は変わっていたと思います
Uberがスーパーアプリ化。当然だけどこれはあり!>要するにUber Moneyは、Uberのクレジットカード、デビットカード、ドライバー向けのウォレット、Uber Pay、Uber Cash、そしてUberが今後展開するかもしれないその他の金融商品を一元管理する。
ドライバーの稼ぎとしてそもそもお金が入っている状況になるので、そこからの展開は理に叶ってますよね。それをどこまでスケールさせていくか、その辺りも今後は気になりますね。
BBVA、マスターと組んでメキシコでデビットカードからはやっていたと思うのでこの辺りは延長線上かなと思います。

Uber partners with BBVA, Mastercard to offer debit cards in Mexico
https://www.reuters.com/article/us-mexico-uber/uber-partners-with-bbva-mastercard-to-offer-debit-cards-in-mexico-idUSKCN1TX23N
アメリカの新興企業が東南アジアのスタートアップを模倣する時代が到来。
Uber側にとってはお金の流れを綺麗に管理でき、ドライバーを保持する上でも効果的な策といえる。ただやはり、ドライバー側の管理コストや維持コスト、利用ユーザー側の集客、双方に対してのCS向上対策など、サービスモデルとして拡大すればするほど、固定費が高まってしまう。金融システムはその大きな打ち手であると思うが、サービスモデル自体に重荷がかかる。
独立事業者の財布
これは、ここにあるベネフィット
をさらに拡大できるので、
überの成長に寄与すると思います。

サイトワークのドライバーと、
メインの仕事と考えるドライバーそれぞれにメリットだしていけるように思います
この新チームはドライバーをサポートするための金融商品の類を引き受けるのだそうです。
ウーバーの配達員のお金の管理がしやすくなるようですが、「独立請負業者としてではなく従業員として扱われることを望んでいる多くのドライバーにとって根本的な問題を解決するものではない」という指摘には同意したい。