新着Pick
The Wall Street Journal
仏高級ブランドグループ、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは、米高級宝飾ティファニーを選ぶことで、自分より格下の相手に求婚することになったが、比較的割安なバリュエーションはその組み合わせをより魅力的にするかもしれない。  仏富豪のベ...

この記事は有料会員限定の記事となります。

74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
歴史ある欧州の方が米国ブランドより価値か高いという業界はなかなかないので面白い。メゾンの価値はその歴史や哲学を感じたときにブランド価値を感じるので、ラグジュアリーブランドでは必然かも。

短期思考の上場会社より、長期思考の家族経営の身の方が、ブランド価値を毀損させずに少しずつ拡大できる。そっちの方がラグジュアリーブランドにはフィットすると思うんだけどなぁ。
ブルガリの実績を考えるとLVMHによるティファニー立て直しは可能性があるかもしれない。最後の本当に望んでいる買収ではないというのは興味深い。本当に欲しいのは「エルメス」「シャネル」。さらには、ロレックスやパテック・フィリップなど、世界で最も人気の高い高級時計ブランドは非公開企業のままとのこと。
ティファニーのブランドイメージって日本や海外で色々ばらつきありそう。LVMHのブランドアクションが楽しみで注目したい。
ティファニーの「柔らかさ」って唯一無二だと思うので、日本人30代男性も欲しがるような、色気と気品のあるプロダクトをぜひ作って欲しい。
ティファニーにとって、業績が上がるのであれば、魅力的な提案ですよね。
ティファニー株主にとっては、少しでも高く売れたら良いはずなので、LVMHに売るのか、今売るのかなど、考えることがあります。
さあ、どうなるか?