新着Pick
891Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
はじめて5Gスマホで5Gのすごさを体験しました!いろんなアングルの映像がリアルタイムで見られるって、こんなにすごいことなのかと。取材時に「テレビの発明以来の発明かも」という話が出たくらい、めちゃくちゃ未来を感じてゾクゾクしました。

私もラグビーは今回のワールドカップで初めてじっくり観戦し、にわかファンからファンになったのですが、4年後はぜひ5Gスマホを片手に観戦したい!加えて、来年のオリンピックも5G端末やパブリックビューイングで観戦できたら、今までにない楽しみ方ができるんだろうなと思いました。

5Gでマイナースポーツも簡単にマルチアングル配信できるようになれば、確実に子どもたちが憧れる競技は増えると思います。また、選手との距離も縮まって、ファンになるスポーツも増えるはず。それはスポンサーなどビジネスにも直結すると思います。

個人的には、推しのアーティストやアイドルのライブをマルチアングルでリアルタイムで見られるようになったら、生活が変わるなと思いました(笑)。
ベスト8をかけたラグビー日本代表とスコットランドの一戦は弊社の株主でもあるNTTドコモの5Gでのプライベートビューイングを子供たちと参加させていただきました!マルチアングルで迫力ある映像と、即座に密集のプレーも確認できるし、選手のデータも表示されるので、娘は「ラグビー場よりもこっちの方が見やすいし、楽しい!」と。間違いなく、次のW杯にはこのインフラで日本中のレンタルスペースが、5Gスタジオになっていて、熱狂するスポーツ観戦の未来が見えました!
このような用途で5Gが活用されるとは知りませんでした。

スポーツブルアプリでやってくれれば、様々なスポーツが多角的に感染できますね(^^)
業界人ではなくギークでもない人たちがこういう体験をすることが大切。
5Gの活用もそうだけど、競技としてのポイントはいかにして現場に来てもらうかだと思う。
ラグビーをテレビで観戦していても、スタジアムで観戦していても、あれ、今のどうなった??福岡はどこから走ってきたの?テレビカメラ、もうちょっと引いて~と思うことが多々あります。ずーっと、ウィングの選手だけ、スタンドオフの選手だけを追っかける映像とかがリアルタイムで届いたら、スポーツの観戦が変わるかもしれませんね!

いやあ、とにかく、RWC各国の、10番スタンドオフの選手はイケメンぞろいですからね!っずっと追っかけたい私みたいな女性ファンもいると思いますよ♪
ファンになる可能性が上がるとはそこまで思えないのですが、様々な角度から見ることでそのスポーツの魅力を深掘りできるし、ライトなファンから競技者まで楽しむことはできそうです。自分の好きな見方を自分で決めれる割合が高まるので。
この連載について
日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
10.9 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
10.4 兆円

業績