新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当然、全部を鵜呑みにしちゃいかんが、概観を捉えるためにはいい記事だと思う。西田さんや最上さんも仰っているが、ここで語られている外資系は銀行や戦略コンサルの特徴を表していて、外資系の消費財や製薬メーカー、保険会社、非戦略系コンサルなんかは、成熟した日本の大企業よりは外資的だが、思いの外に日本の大企業寄りな職場環境だったりする。
よく言えばローカライズされている。厳しい言い方をすれば中途半端。

求職者は外資系なら何でもOKという安直な選択はNGで、ラベルだけに気を取られずに自分の要件に適う環境を探すことにこだわるべき。
外資云々より、メンバーシップ型(その会社に所属)か、ジョブ型(その仕事自体に従事)が国内外で違うからのもあるでしょ。日本企業もジョブ型思考になる日が、近いうちにくるとおもう。
外資系がいいかは別として、就職人気ランキングが何十年も変わらないことが嘆かわしい。アメリカではダイナミックにいれかわっており、産業構造が変わってる証拠。若いベンチャーを引き続き応援していきたい
外資でも色々あるのと、同じ会社でも部門によって色々異なるというのはあれど、個人的に良かったと思えるのは

ー成長スピード
ー上下左右が基本優秀で今でも良いネットワーク
ー英語力
ー能動的、狩猟的なマインドセット(日系金融のように向こうから案件来ない)
ー能動的なキャリア構築

最後の2つのポイントは独立起業にあたっても必要なものだった。

逆に、使えない外国人が上にいるとか、ポリティクスがあるとか、色々問題も多い。まあ、物事なんでもプロ/コンあるもの。
多少極端ではあるが、それほど僕の認識と誤謬はない。
おそらくここでの「外資系」とは「外銀、戦コン」に限定されるとは思うが…
皆さん仰ってるように、この年収を実現できるのは外資コンサルと外銀くらい。そしてこの二つ、特にコンサルは通年で若手を募集している。ただ選考を通る人は極めて少ないのが実情。学歴フィルタリング×ケース面接でだいたい落ちる。そして業界に残れなかった場合の受け皿が意外と少ないことも触れるべき。
たしかにスキルは身につくかもしれないが、それを評価してくれる日本企業は少ないことに留意。
外資といってもいろいろな外資はありますよね。インターネット系外資系企業の日本法人立ち上げたついてはよく携わらせていただいておりますが思ったより人気はないですね。
やや極端に、十把一絡げにまとめ過ぎてる印象ではあるけど、ある職種のスペシャリストとしてキャリアを積む外資風か、就社という形で社内キャリアを積む日系風か、という捉え方はできる。
年収レンジ的に、筆者の言いたいのは戦略ファームとか投資銀行なイメージなんだろうけど。
欧米系の外資系メーカーなどに3社勤めた身から言うと、日本でローカライズされた企業で、新卒で外資系で10年以上勤めてて転職経験ない人は危機意識ない人が多いですね。最後は個人の意識がものを言うと思います。
外資系と日本企業と言うより、外資系と日本の伝統的企業ですね。
ベンチャーを代表格に、日本の企業も外資系に近い状況にあると思います。
ただ、どの企業に属しても、いあ意味で馴染まないことが重要かと思う。常に自分を高められるように。

業績

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
5.78 兆円

業績