新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
成田空港は午後10時台はA滑走路とB滑走路各10回ずつの計20回までという使用制限があり、特に欧州便など利用が集中する夜間の時間帯は一便が遅延しただけで、後の便の予定が大きく狂い、最悪欠航が多発する可能性があるという構造的なリスクを抱えています。

つまり運用時間が1時間伸びれば、この10時台の構造的欠陥の解消に大きく役立つことになるわけです。
住民への配慮など色々大変な点もあろうと思いますが、成田空港の利便性向上の為、大変良い施策だと思います。
成田の運用時間は、実は以前から24時間です。たとえば、緊急事態宣言をした便については深夜早朝でも離着陸可能です。ただし、定期便については「カーフュー」という離着陸制限時間帯が設けられており、以前は23時から6時までとなっていましたが、この冬ダイヤからは0時から6時が制限時間帯となりました。
また、以前は天候理由など「やむをえない状況」で遅延した便については23時から0時の間の離着陸が例外的に認められましたが、この冬ダイヤからは0時から0時半が例外的運用の対象となります。以前は22時台に設けられていたダイヤ設定の制限についても撤廃されました。これを受け22時台にダイヤ設定を行う便もぐっと増えました。
現在計画が進んでいる第3滑走路の運用が開始されたら、カーフューは0時半から5時にまで短縮される予定となっており、深夜早朝の運用はさらに緩和されていくことになります。

成田についての今後の課題は大きく二つ、空港へのアクセスの問題と空港内での滞在型施設の不足という問題があります。
アクセスについては成田新幹線が着工していながら完成しなかったことが今なお悔やまれますが、やはり鉄道アクセスのさらなる充実と冗長性の確保が必要でしょう。先日も、大雨により鉄道が一時不通となったのですが、夕方には運転再開していたのにもかかわらず空港内にお客様が滞留してしまう事態となりました。
また、空港内に滞在型施設を充実させて、さらに空港の集客力を増してお金を落としてもらう仕組みづくりも重要となってくるでしょう。映画館や温泉、マンガ図書館のような施設を充実させれば、空港内で過ごさざるをえない状況になってもある程度快適に過ごすことができるはずです。
いわゆるハブ空港と呼ばれる各地域の空港は、空港内の施設やショップを含めてほぼ24時間稼働しており、大勢の人でごった返している印象があるのに対し、成田は午後9時前には店も閉まって閑散とし、どこか田舎の空港に迷い込んだようです。成田空港の開港を巡っては、長年に亘って反対運動、いわゆる成田闘争が続き、あれだけ首都圏から遠いにもかかわらず地域住民への配慮が過剰になりがちでした。当時の政治家に国策としてアジアのハブ空港を取るという意識が薄く、そもそもの立地選定を含め、戦略が曖昧だったと思わざるを得ません。

同じように政治サイドの戦略不足は、国際金融センターの地位を安易に香港やシンガポールに譲り、今や上海にも抜かれてしまった東京にも当てはまります。
訪日外国人旅行者需要が増える中、発着枠はすごく需要があるので、1時間でも拡大できると、グッと受け入れキャパシティが広がります。

関空は海の上、セントレアも海の上の空港です。羽田空港も海沿いの空港です。こういった空港は、周辺に住民がいないので(海なので)騒音問題などにケアせず24時間運営が可能になったりする利点は大きいのですが、海そばであるがゆえに、台風や高波の影響も受けやすい。

成田空港の場合、陸の真ん中なので、住民影響はケアしなければならないものの、直接的な海沿いの影響は受けにくい。

空港は大事な社会インフラなので、ポートフォリオでバランスを取れるといいですね。
豪雨により先週金曜日の夜に陸の孤島と化した成田空港で一夜を過ごした。今年は台風15号と19号など多くの水害に見舞われたが、世界的な異常気象により、今後ますます同様のことが増えるだろう。成田空港の運用を拡大するのは良いが、レジリエントなインフラ整備も合わせて行うことが重要だろう。
たった1時間ですが、大きな1時間だと思います。成田周辺に住んでいる人に極力迷惑が掛からないように運用してほしいです。
離発着の枠が増えるだけでなく、安全の為にも良かったと思います。
後は第3滑走路の新設ですね。こちらも期待しています。
開港前に成田に住んでた者として、成田空港は戦後最大の政策ミスの一つだと思ってます。いまだに滑走路が揃わないとか、しかも都心から圧倒的に遠い。空港からタクシーに乗って1万円以上かかる空港って世界で希有ですよね?日本がアジアでの競争に敗北している象徴に感じます。羽田の活用強化が優先とは思いますが、既にある以上、出来る限り活かしたいですね。
"ドバイ経由でフランスに向かう30代の女性は「遅い時間の出発なので準備もゆっくりできました。現地でホテルのチェックインまで待つ時間も短くなり、助かります」と話していました。"
なるほど。利用者の利便性は高まりそうですね。
地元住民との議論が毎回大変ではありますが、良い前進だなと思います。特に成田は羽田との棲み分けでLCC特化にしていくとなれば、より時間延長への取り組みが進めばなとも思います。
成田闘争は、この漫画がわかりやすいよ!

ぼくの村の話 (1) (モーニングKC (305))
https://www.amazon.co.jp/dp/4063283054/ref=cm_sw_r_cp_api_i_sjMTDb3ZPNV4V