新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「中村改革」を率いたパナの中村元社長・会長のインタビュー。
社長は06年までだが、実質的なトップだったのは2012年に会長を退任するまで。社長時代は上場子会社の完全子会社化やCCC改善、ブランド統一など「やるべきことをちゃんとやる組織」に変えることなどがあったと思う。それは松下時代からの聖域もあっただろう。
一方で、その成功体験からのトップダウンでの決定、特に会長時代には記事にもある本人のスタイル、テレビ・スマホといった情報受診媒体の完全な構造転換などがあるなかで、それに対応しきれなかった印象がある。下記は2012年の東洋経済の記事だが、本記事と併せてその状況が分かりやすい。
津賀社長はそこからBtoBシフトを進めているが、これからの10年、20年でパナはどうなっていくだろうか。
https://toyokeizai.net/articles/-/8627
中村さんの改革は、パナソニックが何を残すべきか、ということをギリギリまで考えつくした改革だったように思います。
幸之助の語録を読み返し、「日に新た」という言葉を見出し、そこから幸之助の作った事業部制組織を一度解体し、サイロ化した組織に横串を通す改革を行いました。販売店システムも大幅に変革しました。
本当に大きな痛みを伴う大改革であったと思います。
もちろん、もっといいやり方があったとか、こういう決定は間違いだったということはあるかもしれません。私も全面的に良かったかどうかはなんとも言えません。
しかし、中村さんはそのことも素直に認められているのが大変印象的でした。
彼のことをどう評価するか、というよりも、こうした大改革から我々は何を学ぶか、ということではないかと思います。
トップとしての失敗をここまで率直に認められるのは、とても勇気のある方だと思いました。
自分が始めて、失敗した。構造改革や再編など多大な業績がありつつ、この潔さ。見習うべきリーダー像かと。
パナソニックの激動の20年間を知る中村邦夫元社長(現特別顧問)が日経新聞のインタビューに応じられました。
関係者にとっては必読のインタビューとのこと。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.60 兆円

業績