新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
8月の埼玉県知事選で、野党系の前参院議員に知事の座を譲った上田清司前知事が圧倒的な大差で当選を確実に。上田氏は枝野幸男・立憲民主党代表、自民党の二階俊博幹事長といずれも良好な関係を築いているため、国政選挙なのになぜかオール与党的な態勢づくりに成功しました。

N国代表の参戦が話題になりましたが、やはり関心の低い選挙では組織力が効いてきます。統一地方選と参院選が重なる亥年の選挙ラッシュで、埼玉県では特に大型選挙が続きました。自民党も知事選で敗北した時点で心が折れたようなムードが支配的になり、選挙疲れも手伝って、かなり異例の低調な選挙戦になってしまい、投票率も20.81%という記録的な低さとなりました。
午後7時現在の投票率は13.82%。低い。N国は負けても参院は議席そのまま。かつ次に向けて「知名度向上」ができ、「国政ではなく地方を攻める」方が良いと分かった。衆院解散されれば立候補者は立てるが、それまでは地方の首長選挙にバンバン出て知名度を上げるのでは。
N国党の立花氏の読みの通り。N国を破った?それは有望だと思われていた候補に勝った時の表現でしょ。

埼玉県は県のホームページのトップからも補選の情報を掲載せず、メディアもほぼ選挙を黙殺した。

有権者約600万人の所、上田氏の堅い支持票は90万票程で、投票率が低ければ低い程圧勝できる。

野党共闘と言いながら、改憲に賛成するなど自民党とも連携する意思がある。

国会議員を辞して自ら候補者になることで、この欺瞞を知らしめようとした立花氏の行動は、もっと理解されても良いと思います。

‪埼玉知事選に出るのに辞職しない大野元裕議員の欺瞞的な言い訳 http://agora-web.jp/archives/2040609.html
上田さんに埼玉県知事を4期務めているので、知名度では圧倒的ですし、選挙する前から組織力の差で勝敗は明らかに決まっていたような。でもN国のいう謎の野党の登場もおもしろいので、案外いいですね!
何よりも投票率が低すぎます。これで選挙で選ばれたといえるのでしょうか。
選挙に行くのにメリットを与えるか、行かないと罰則を与えるかしたほうが良い気がします。
20%ではきれいごとを言っていられません。
【政治】今後もN国の候補者は粛々と落選をさせれば良い。
極めて低い投票率になりそうということですが、これではN国の立花氏は勝負にならないですね。色々な意味で課題の多くのこる選挙だったと感じます。