新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自民党長期政権に対する政治学の知見が濃縮されて語られている記事。
大きな期待を失望に変えた民主党政権の瓦解によって誕生した第2次安倍政権の特徴は、もともと期待値が低く、政権を脅かすような2大政党の一翼もないという基礎条件の上に成り立っている点にあります。閣僚などの不祥事があったとしても内閣支持率への影響がほとんどないのは、国民の間にも安定重視の気分に加え、政治に対する無力感や萎縮が広がっているためでしょう。

この状況は、求心力のない野党の分裂を促すだけでなく、自民党内の活力をも押さえ込む効果を生んでいます。安倍首相を代えた後の秩序が混乱しないか、多くの人が不安に思っているからです。しかし、オルタナティブのない低位安定は、必要な改革を進める推進力が得にくい状況をつくり出し、必ずしもよいこととは言えません。次代を担う健全な政治勢力の成長を願うばかりです。
野党が弱い、というより、与党を支援してしまっているから。ではどうするか。比例代表選にシフトするのは一案。
「・・・独善的と批判される政権運営でさえ可能になっています。」

これは、別に今の自民党政権だけでなく、民主党政権の時も同じだったように思えるし、誰が政権をになっても同じだろう。

結局、権力を持つことと「数の力」はイコールでもあるので、(特に野党からの)多様な意見を交えることが難しくなる。
アメリカの戦後最長の景気回復も援軍でしょう。