新着Pick

堀江貴文「結婚という制度に縛られなくていい」

東洋経済オンライン
僕は1999年に1度、結婚している。仕事がめちゃくちゃに忙しく、多くのトラブルを抱えすぎて、精神的にやや不安定に陥っていた。そんなとき当時付き合っていた女性が、うっかり妊娠してしまった。結婚すれば少しは…
648Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀江さんの結婚論。規範的にも制度的にも既存の結婚制度と我々の結婚観との間に少しずつ乖離が生まれ始めているように思います。
男性と女性と子供がいる家庭がスタンダードではないし、そもそも結婚を選ばない人も多い。戸籍も控除も法定婚に基づいた家族が単位になっているのが本当に正しいのか。
結婚するかしないかは個人の選択の問題だとしても、色んな制度が結婚を前提にできていること、結婚していないor離婚していることが社会規範として必ずしもプラスでないことは、個人的には変えていくべきじゃないかと思っています。

一方この議論をするときにどうしても気になるのが、最後の最後に子供に責任を負う主体が誰なのか、ということ。現在家族が担っている役割、例えば家事だったり介護だったりはなんだかんだアウトソースできるし、実際そういったサービスも増えている。子育て自体もある程度アウトソースできる。

ただ、子供の健全な成長において誰かからの継続的な愛情が不可欠なのだとして、かつその愛情が親ではないとすれば、それを提供する主体は誰になっていくのだろうか。地域のつながりも親族のつながりも薄れた今、子供の精神的セーフティネットになり得るのが家族以外誰がいるのだろうか。最後の最後までアウトソースできないのがこの役割になってくる気がしている。

家族がその役割を担い続けるべきだと言いたいわけではなく、家族以外にどうすればそういうコミュニティを作っていけるか
を考えないといけないと思っています。
ポジショントーク的なコメントが多いなぁ。まあこれが普通なのかね。そらまあ結婚を継続してたら自己肯定したくなるよね。我慢が多ければ多いほど。スマホブロードバンド、SNS全盛の時代になって結婚制度って益々社会的に無理のある制度になってきてると思うんですけどね。
>一度の経験で、改めて強く思う

一度の経験は、あくまで堀江さんの個人的経験に過ぎません。

各人各様の考え方があっていいと思いますが、公の場で離婚相手の悪口を語るのは個人的には嫌いです。

どのような経緯があったとしても、結婚に至ったのだから「少なくともある程度の期間は自分を幸せにしてくれた相手」でしょ。

親しい友達たちにプライベートでしゃべるのはいいとして、不特定多数の人たちが読む記事として出すのは…品性を疑います。
一夫一妻制は、所詮、モテない雄が自身の遺伝子を残すために作った手段であり、最も手っ取り早い少子化解決は、堀江氏のおっしゃるような多夫多妻制(一夫一妻制は不公平)だとは思います。
とはいえ、子どもの立場から考えると、難しい問題が残ります。父親(母親)が自分と過ごしていない時、自分の母親(父親)とは違う女性(男性)との子どもと楽しく過ごしている、というのは、子どもにとって辛いでしょう。
子どもは、ある年齢までは自分の親に性を感じたくないですし。
多夫多妻制は、それこそ経済面は子どもに与えることができるのであり、この点、堀江さんの主張は矛盾しているかと思います。

それより、考え方や価値観は人それぞれとしても、離婚した相手を悪く公言するのはアウト。しかも子どももいて、その子どものことを「うっかりできた」とか「捨てた」とか。
さすがに人としてどうかと思います。
縛られなくて良いと思いますが、
個人的には結婚して良かったと思ってます。

良いとか悪いではなく、
自分の人生なので自分で選択すべきですね。

そういう意味で
堀江さんの価値観は理解できます。
でもね、縛られることに快感を覚える既婚者が多いんですよ、SMの話じゃなくて。
妻に子に家族に縛られるからこそ、自分の社会的役割を実感できる。だから既婚男性の自己肯定感は高い。むしろ縛りのない自由を与えられたら、大部分のお父さんはやがてストレスで死んでしまうでしょう。
こういう考え方もあるとは思いますが、堀江さんと似たような、また、更に酷いような環境でも、家族と幸せな人生を見つけられている方々もみえるので、そう考えると、単なる失敗談を、持論に結びつけているだけのようにも聞こえます。

大きな失敗ではありますが、たった一度きりの失敗で、二度と挑戦もしないのは、堀江さんらしくないようにも感じますが、いかがでしょう?

理屈に基づく自由は、論理的には正しくても、倫理的、哲学的には課題がある場合があります。

そういった意味で、堀江さんの品格が課題になることが、しばしばありますが、そのあたりが、ポイントではないでしょうか?

世界は、倫理と哲学を重視する方向に向かっています。それは、論理的に正しいことだけでは、暴走を止められないからです。

結婚するか、しないかと、子どもを作るか、作らないかも、違う問題ですし、人口問題も、また、違う問題です。それらを、一緒にするのは、いかがなものでしょう?

堀江さんご自身も、この件については、亡くなる直前の瞬間でないと、良かったのか、悪かったのか、最終的な判断はできないでしょう。

大金持ちでも、偉大な実業家でも、それが人生です。
まあ、人それぞれです。自身の価値観に応じて行動してよいと思います。ただ、責任は忘れたころに、最後にやって来るので、その際の覚悟は決めておかないと。
これは理屈ではない。永井荷風なんか読んでみると、100年前から皆、この問題に直面していた。別に、社会の変化とかなんとか大上段に構えなくても、人間、男女、家族、社会のなかで行動する、という軸は変わらない。
自分の幸せ、家族の幸せ、パートナーの幸せ。これらを全て満点で過ごす人生なんかないですし。
ともあれ、死ぬ時「我が人生は90点」みたいに思いたいな。
田んぼがない(ほとんど無い)国で、日本と似たような婚姻制度をとっている国は?
どんなときも7対3で男が悪い。

男の話だけ聞いてもね。自己弁護して女性のせいにするのはどうなんですかね。
ベンチャーなんて当てにならない、すぐ潰れるかもしれない。いきなり特捜の家宅捜索を受けるかもしれない。逮捕させるかもしれない。刑務所に入るかもしれない。
女性の方が正しかったかもよ。少なくとも子供の心配をしていたんでしょう。

どんなときも7対3で男が悪い。

ところでこれって結婚という制度の話?したくなければしなければ良いし、離婚もできるから、別にいいじゃん。国民の義務ではないよ。