新着Pick
648Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「英語力が必要」という日本人、学生や企業の人、中央省庁の人を見ていて、まず思うのは、何に使う「英語力」なのかということです。ほとんどの場合(特に学生)、漠然としています。英語は道具でしかありません。「英語力」といっても、目的によって身につけるべき英語もまるで違ってきます。
 企業の人は、ビジネス英語とか、営業で使う場合とか、工場管理とか、具体的な場面の想定がある場合が多いでしょう。
 大学で教える英語、つまり、英語で学問をできるようになる英語力については、日本では関心を持たれないことが多いです。英語で文学や詩を読んだり、哲学や経済学や、エコノミスト誌を読解できるようになる英語のことです。国際機関で働きたい、などの一部の学生以外にはそういう種類の「英語力」は関心を持たれない場合が多いです。明治以来、日本ではこういう「学問ができるための英語」を教えるのが基本であったため、「英語教育は役に立たない」と言われる時にイメージされるのがこういう英語です。
 実際、日本人が、英語で、アートやグローバル経済、シリア情勢、中国の一帯一路政策をどう予測するか、キリスト教と仏教の比較、などを論じなければならない機会はほとんどないでしょうから(日本語でだってしていないでしょう)、「実際の役に立たない英語」に見えるのは無理もないです。
 しかし、欧米で権力を持つ層は、よほどの成り上がり者でなければ、そういう教養があって、社交の場では必ずアートや国際情勢、文化論が出てきます。そういう議論ができるかどうかで、自分たちと同じ「人間」であるのかどうか見定めます。そして、日本の伝統や文化、外交政策を説明できるのも同じ「人間」と見なされる要件です。
 独自の強力な文明が強く生き残った社会、中国やインド、イスラームでも、英語でもいいのでそういう現地の教養に基づいた議論ができるかどうかで、人間を見る目がまるで違います。
 そして、欧米であれ、中国やインド、中東であれ、現地の教養を理解して現地の教養がある階層と対等に話ができるということは、少なくとも外交や学術の仕事では、非常に大きな意味があることです。日本の都合だけで仕事をせずに、現地社会にとって意義のある事業がどういうことなのかを理解できます(困ったことに、日本国内からは、日本の都合しか考えない要求が送られてきますが)。
世界に通用する教養を身につけるならやはり世界史、宗教や哲学じゃないかなとは思うけど、何を学ぶにせよ、自分が興味持てない事には深みが出ないのでうまくそういう分野を見つける事が先決。個人的には今までは教養を身につけるには本を読むしかなかったけれど、最近は動画の『中田敦彦のYoutube大学』がおすすめ。あっちゃん、マジすごい。
2回目はアートを学び直す効力と見方についてお話いただきました。

アートを見るときに、先にキャプションを見て、情報を入れてから作品を見る癖がある人は多いのではないでしょうか。ここにも詰め込み教育の弊害があるように思います。自分がそうなのですが。

まっさらな状態で作品と向き合ってまずは、30分ぼーっとしてみてください。
考えなくなったのは日本人だけではなく、世界中の人たちもです。デジタル化で、考えることが面倒になってしまった。

いっぽうで、デジタル脳によって、いままで以上にクリエイティブになっている人もいる。バランス感覚が大切ですね、
「あいちトリエンナーレ」は不幸にもイデオロギー対立になってしまった面もあるが、私はできるだけ普段の会話でこの話題をあげるようにしている。

私も現地に二回行ったが、アートは「二度見」することがとても大切。二回観賞すると必ず見え方が変わる。

当然アートが変わったのではなく、自分が変わったから。自己がいかに流動的なのか、そうした認識をしている人ほどビジネスでも成功していると感じます。
私は奈良の帝塚山学園出身ですが、とにかく芸術にはすごく力をかけてました。本物を見ないとだめだという学校の方針のもと、劇団四季やコンサートもろもろ強制的に観劇しては感想文提出させられてました。
当時はつまらなくて眠いしだるいと思ったこともありましたが、そのおかげで、それなりの教養が身についた部分もあります。

だから今の子供たちには、どんどん芸術とふれる機会を作ってほしいし、キャッチアップしたい大人は、英語力と同じく、好き嫌い関係なくとりあえず一通り体験するに限ります。

月に1個とかきめて強制的になんでもいいから見る習慣を、10分でも30分でもいいからつくっていけば、継続は力なりですけど、知識を自分の知恵にするのは、大人になると時間を要するので、とても苦戦してます。。。
海外の知識層と会うときにアートを語れると「ひとかどの人」とおもっていただけますよね。

アートがちょっと弱かったらワインを語れるのもいいですね。スポーツや文学など文化を語るでもいいでしょう。

そいういったことを語れないと「薄い人」と思われてしまいそうです。
以下のように「深さがない」のを是としても、それが悪いかを含めて学び直したいところ。その深さがある前提で宗教的な軋轢が世界史上繰り返されてきたのではないかと考えると。
> 日本人は、一年の始まりに神社へ初詣に行き、お盆にはお寺に墓参りをし、12月にはキリストの誕生を祝う国なので、どうしても深さがないのでしょう。
私は原田マハさんの「永遠のキャンバス」「たゆたえども沈まず」といった小説から芸術に興味を持ったので(前者はアンリルソー、後者はゴッホ)少し異端ですが、オフィスのある銀座は画廊多いのでふらっと立ち寄ってます。
教養ってものすごく文脈というか歴史のある話だなと思っており、歴史の面白いところは史実は一つのはずなのに解釈は無限大ってところ。坂本龍馬が薩長同盟の現場にいたときの気持ちや、西郷と木戸が何考えてたかなんて誰もわかんないけど、でも置かれていた事実から、そういう気持ちを推測するのが楽しいですよね。だから僕は歴史、特に日本史が好きですね〜
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
株式会社ストライプインターナショナル(英称:STRIPE INTERNATIONAL INC.)は、アパレル(衣料品)の製造・販売を展開する日本の会社(SPA)である。 ウィキペディア