新着Pick
1257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数字で追えるものはAIに取って代わられる。価値観は、今は10歳違うだけでもかなり差がある。テクノロジーの進展が早く、例えばスマホが出る前と後では様々な価値観の変化があったはずです。それに加えて教養となると、さらに差が開きますね。それをまず自覚しないとと思います。

記事では挙げられてませんが、絵画のみならず歌舞伎でも文楽でも良いと思いますけどね。

自分が普段触れないコト、ヒトに接してみる機会をどれだけ作るか。それによって、想像力は養われる。

昨日のフューチャースキルの記事にもコメントしましたが、旅も良いです。コンフォートゾーンを抜ける機会というのは、これからより重要になるでしょう。
30代、40代は「浅い」とのご指摘、とても身につまされます。もう二度と戻ってこない子供時代の自分に「もっと本を読んだり、美術館に行きなさい」と言い聞かせたいです。

本日から3回にわたり、ストライプインターナショナルの石川社長のインタビューをお届けします。日本国内でも芸術祭が増えたりして、日常的にアートに触れたりする機会が多くなっているのではないでしょうか。そうは言っても、「よく分からない」で鑑賞が終わっている方も多いでしょう。より身近で気軽に楽しめるきっかけになれば幸いです。
アートというか、感性の教育が必要なんだと思います。
ただ、社会人大学院でロジカルシンキングを教えている身からすると、日本の大手企業に圧倒的に論理の教育も不足しているのではと危機感を感じます。30代になってからじゃ遅い、20代のうちにやるべき。経営者として育てる側としては、社員が20代のうちから目の前のスキルに留まらず本質的な思考能力を教え、鍛える責任を感じてます。ちなみに飲食業ではこれめちゃハードル高いですが、負けじとがんばってます。
人と同じ意見しか話せなくなったらダサくて、まずはその事実を認知して危機感を持ち、変わる為の行動に出るのが大事とのこと。

若い世代と自分を比べる機会自体がなかなか無いので、相対的なダサさを認知する機会がなかなか無いのですが、その問題に気づいたなら、若い人と交流する機会を積極的に作って、若者から「普通のオッサンとは違うよね」と言わせるような言動を繰り返さないといけないんでしょうね。目指すべき人物像は記事に書かれている『何事にも積極的にチャレンジするので、情報がたくさん集まってきます。失敗を恐れず、他人の悪口も言いません。だから当然、人望も集まる』なのだと思います。そうなれれば、自分の子供からも尊敬されて、いつまでも仲良く居られそうです。
戒めピック:学び直しや外的刺激がないと、経験だけで判断するという愚かなことをしかねません。自分への戒めと、自分自身がそうした反面教師人材にならないよう戒めピック。博士課程とビジネスの両輪は大変だけど、常識を疑う力を与えてくれるパワーは日々充填されるかんじ
子供達の個性は、親、先生、友達が潰す。奇跡的に個性ある新入社員を上司が潰す。個性を才能と思えない、普通好きな人達が才能を潰しまくってる。それは、アートに理解や関心がない大人が増えていて、リベラルアーツにも関心のない人が増えている日本、かなりまずい。我々の世代で変えなければならない。創造力の日本にしたい。
「詰め込み教育だけで、教養の浅い30代、40代が組織の中で上に立つようになってきた頃に、ロジカルシンキングやデザイン思考など国際水準の教育を受けた子たちが入社してくるわけです。」は、本当にその通りだと思います。

上に立つものが、アートや趣味の世界を広げるのもいいのですが、自らの価値観を押し付けず、多様な思想や行動様式を受容することが何より大事だと思います。
30.40代だけが教養が浅いという理由はあるのだろうか?
素晴らしい感性を持った人は沢山いると思うが。。

劇的な情報革命の渦の中を生きている世代なので、
情報処理能力や変化対応はあるような気がする。

でも、確かに感性は磨かないと
これからの時代生きていけないのは事実。

今日も一日頑張っていきましょう!
痺れる。近しい危機感を抱いてるが石川さんのように言い放つ勇気がない。石川さんや山口さんのご意見に力かりて言おうと思う。
入社式で当時の会長から言われた言葉。
同じ業界じゃなくて、いろんな業界の人とたくさん交流をもちなさい。同じ仲間でつるんでもアイデアは生まれないからと。
すでに他界されてしまいましたが、元三井住友の副頭取だった彼のビジネスセンスにはいつも学ぶことがたくさんありました。

芸術に触れることほど刺激的な瞬間はないですが、なかなかその道の人になるまでは、余裕がないのも現実かなと。
でもそんなときは、せめて別の世界でナンバーワンを目指す人との交流くらい、あってもいいのかなと思います。

少なくともこれが私がこれまでストレスと対峙しながらサバイバルしてきた方法です(笑)

そして今、主にビジネスの第一線で活躍されている方向けに、不定期ではありますが、華道という日本文化を介してビジネスのエッセンスにつながるなにかと花を介した癒しの空間を提供している次第です。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
株式会社ストライプインターナショナル(英称:STRIPE INTERNATIONAL INC.)は、アパレル(衣料品)の製造・販売を展開する日本の会社(SPA)である。 ウィキペディア